建築現場監督を極める

建築現場監督のためのノウハウブログ。建築技術は永遠に不滅だ。

プレミアムフライデー。え!?いい取り組みじゃないか!

f:id:akitani0828:20170226121556j:image

 どうもです。

いやー、始まりましたね〜。「プレミアムフライデー」。

毎月月末の金曜日に3時に仕事を終えるということです。いいじゃないですか!

 

賛否両論ではありますが、何かを始めることは、大きな進歩ですよー!

経過を見ながら修正するなりしていけばいいんだからさあ。

f:id:akitani0828:20170226123936j:image

この、新聞の社説は、プレミアムフライデーに否定的です。

やれ、中小企業には関係ない、月末は忙しい、下請けにはできない、などなど。

じゅあ、言いましょう!「暇時間なんてないよ!」。

いつも忙しいんです。そんな時間のない中 、月にたった1日早く帰る、それだけなんですよ。そして 、家族サービスをする、美味しいものを食べに行く、旅行先で前乗りするなどなどなんですよ!

なんでも、否定することは簡単です。やってみようと努力することが大事です。

かつて、土曜日が休みなんてありえない!とぼくの父は言ってましたが、なんてことはありません。今ではしっかり休んでます。勿論、忙しいときは、休日返上で仕事しますよ。あたりまえです。要は、このプレミアムフライデーをきっかけに働き方を考えるチャンスでもあります。

これから、2020年に向けて働き方は、大きく変わります。できない、忙しい、バカバカしいと否定的でいては何も変わりません!

 

プレミアムフライデー、3ヶ月に一回でもいいんですよ!まずは始めてみましょう!

 

会議一つ開くためにはそれぞれストーリーがある。社会人になったら読んでほしい一冊だ!!

会議って、あまり生産性のないものだと思っていました。実際そうなっているところもあります。しかし!会議って本来は、共有する場所であり、使い方によって大事なものだと思います。「大企業は無駄な会議が多い」とよくあります。生産性がないから、なかなか決められずだらだらするなど・・・グーグルには30分会議というものがあるみたいです。そういった短い時間で単的に行うことも大事だと思います。


この「七つの会議」は、本当に一気に読み、だんだんとのめりこんでいく素晴らしい話です。さすが、池井戸潤ですね。もう完全に物語の中に入っちゃいます。

ここにいる登場人物の人達の行動を見ていると本当にためになります。基本的に、みなさん即行動しています。僕なんて、めんどくさい仕事や付き合いなど後回しにしてしまいがちですが、本当早いです。一つ一つのことをその都度処理していくことが本当に大事だと思います。

また、人の出世など、企業人の心の変化や行動などリアルに飛び込んできます。本当に本の中で生きているかのようになりますよ。

この本、特に、入社間もない方、今時期的に4月なので新入社員の方に読んでもらいたいですね。会社組織や社会の厳しさ家族へのあり方など、学ぶものがとても多いです。

会社に入ると、また社会に出ると、様々な出会い、組織、コミュニティーとにかく人間対人間ということがたくさん増えてきます。その時、いろんなことを決めていくときに会議などあり、そこで決裁をとるために根回しなることがあります。この根回しをする交渉のしかたなどこの本を読んでいるととても学べます。

この物語簡単に説明しますと、中堅企業のある7つの会議を一つ一つの短編小説となっており、少しづつこの会社のまるで一員かのように入り込んでいきます。ある日の出来事が最後にはとても大きな事件となり7つの短編が最後繋がります。「そういうことだったのかあ!!」と思わず叫ばずにはいられません。是非読んでみてください。

以下は文庫の裏に書いてあるものです。
「きっかけは、パワハラだった。トップセールスマンのエリート課長を社内委員会に訴えたのは年上の部下だった。そして役員会が下した不可解な人事。いたい二人の間に何があったのか。今、会社で何が起きているのか。事態の収拾を命じられた原島は、親会社と取引先を巻き込んだ大掛かりな会社の秘密に迫る。ありふれた中堅メーカーを舞台に繰り広げられる迫実の物語。創作クライム・ノベル。」

さあ、池井戸作品をご賞味あれ!!

 

七つの会議

七つの会議

 

 

 

 

 

 

地道で小さな行動が目的達成のコツ!?

巨悪対一人の男

池井戸潤の本を読むと本当に心が強くなると思います。「空飛ぶタイヤ」もそうでしたが巨悪に立ち向かう一人の男の壮絶な話です。
銀行の組織、働き方、振る舞い方、根回し、出世、そして会社の歯車、一般の会社にもありますが、とくに銀行の組織がわかります。
こうゆう世界があるんだなあと勉強になります。

銀行仕置人

黒部は、関東シティ銀行本店営業第三部の次長である。その黒部に500億円の融資を依頼する東京デジタル通信の阿木武光。(後の東京デジタル通信の社長)
黒部は、関東シティ銀行の本店企画部長立花鉄夫(黒幕、後の常務取締役)の押しによりしぶしぶ稟議を作成します。しかし!阿木の紹介した融資先は倒産してしまいます。
立花、阿木にまんまと乗せられはめられてしまいました。まあ利用されたというか・・・。
こうして、黒部は出世街道への梯子を見事に外されてしまいます。ここから、黒部は立花と阿木の悪事をあばくために、動きます。
この孤独の復讐劇は、強い男黒部が本当に現れ、自分に置き換えながら読んでいくと一気に吸い込まれていく話です。


地道な聞き取りと小さな行動が目的達成のコツ!?

このストーリーは巨悪に立ち向かう男黒部kですが、すぐに立花を訴えたり、捕まえたりしません。大きい「何か」をつかむため、一つ一つ怪しいものは潰していいきます。
人事部配属となった黒部は、英部長に「花の悪をあばいてくれ」と頼まれ、人事部臨店という形で立花派の特定のためまた悪事を暴くため調査をします。一人一人聞き取り調査を行い動いていく黒部。正義感の強い黒部は行員の悩みを解決するため一人一人聞き取り調査を解決すべく、一緒に動きます。
例え罵られたとしても動じません。そして、黒部はとても決断が早いです。現場へ行ったり、調べ物したり、資料作成したり、とにかく行動派なんです。僕はこうゆう本を読むと「やっぱり行動だ」と思います。
その中に発見が絶対にあるはずです。そして、ついに支店長の悪事がわかります。立花を捕まえるための小さな一歩を
又、踏み出したのです。小さな聞き取りや行動が目的達成のコツだと思いました。


女性のかげ!?

黒部は40半ばですがいまだ独身です。渋谷店に臨店した黒部はさっそく行員の聞き取り調査をします。
北原有理は。気は強いが、美しく、すらっとした知的な頭のいい女性です。最初は、黒部を相手ともせずでしたが、黒部の
仕事ぶりや賢さや一生懸命なところに一ビジネスマンとして尊敬し出します。
後に、部下となるわけですが、本当にベストパートナーという部下になります。
この有理と黒部の心の動きがなんとも僕は好きです。なんかもどかしくて・・・。
黒部は恋愛にはおそらく疎いのだと思います。がんばれ!黒部!

はたして見所は!?

阿木から襲われ、命の危険までさらされても尚強い黒部。そして、最後立花を追い詰め、しかし、出世をちらつかせる立花に心揺れる黒部。
しかし、最後は!

見所は①黒部の男気②黒部のビジネスマンとしての行動③各場面でスッキリする体験

是非ともお読みください。

 

銀行仕置人 (双葉文庫)

銀行仕置人 (双葉文庫)

 

 

【禁煙希望者必読バイブル】いつやめるの?今でしょ!

禁煙セラピーをまず読め

ぼくが禁煙を決意したのは27歳の時。ちょうど結婚を決意した時です。

結婚するといろいろと経費がかかるし、お金もいるし、健康を害するためだけにお金を使うことが嫌だったのでやめました。もともと禁煙願望はあったので、禁煙生活への抵抗はあまりありませんでした。とはいっても、大好きなタバコをやめることは大変でなかなか決意とは裏腹に、3日坊主で終わることが多かったことを覚えています。

そして、きっかけは、ぼくの大好きなダウンタウンのまっちゃんこと松本人志がタバコをやめたことが大きな衝撃をうけました。あの遺書でも禁煙車についてぼろくそ言っていたまっちゃんがまさかやめるなんて!

 

これは、ぼくもやめねば!そして、どうやってやめたのか、いろいろ調べていくうちにこの「禁煙セラピー」という本に出会ったんです。

すぐに読み出し、実践しながら本を読みすすめました。そして、最後の一本をすったときは、「ようやくタバコがやめられる!!」と喜んだものです。

・・・結局この後、2年後に再開することになりましたが、その後も何度も読んだ本です。

34歳で再び禁煙を決意し、本を読み実行し、現在禁煙5年目です。今は吸いたいなんて思ったことがなく、すっている人を見ると哀れに見えてきます。

ぜひ読んでみてください!

 

そして、合わせて、禁煙をはじめたころぼくがやっていたことを紹介します。

以下がそれです。

 

ひまだなあ、という時これをやりましょう。
タバコを吸う代わりにこれをやる。これは、腕立て伏せでもなんでもいいのです。今まで吸っていた代わりになにかするということです。
今までは、タバコ1本吸うために5分無駄な時間を過ごしていたのですから、今度はその5分を有効に使いましょう!!

指と指を合わしてくるくる

左右の指を合わせて、人差し指をくるくる、中指を薬指を、という体操をすることです。多分ご存知かと思います。これは、頭の体操で約30秒ほどやるといいそうです。
これも、5と同様にどうせならなんかしようというものです。ちなみに、この体操は受験生などのウォーミングアップにいいそうです。


しんこきゅう

これは、禁煙開始初期よりも中期からい(1ヶ月)がオススメです。なんか吸いたい、そう心が求めているときに効きます。
肺いっぱいに大きく息を吸い(これ以上は吸えないというくらい)ゆっくりと吐く。これだけですが効きめ大です。
本当に落ち着きます。


歯を磨く

 今まで吸っていたので、歯のヤニが気になります。吸っていた時は気にしないというより気づかないことでした。よく見てください。特に歯の裏なんか鏡で見れます。すごく汚れていますよ。歯は白いのに限ります。
 それと、歯を磨くと口がすっきりして、タバコを吸っていないので、さっき磨いた時より綺麗になっていると思いさらに歯磨きがんばります。白い歯を取り戻しましょう!!

三食しっかりとる

 タバコを吸えないとなると、なんか楽しみを取られたように最初は思います。なので3食しっかり取ることが大事です。食べることはすごく楽しみになってくるのです。
 食べ物はおいしくなるので、特に白いご飯、やばいくらい美味しいです。これを我慢してストレスを溜め込んでまた吸ってしまうくらいなら我慢せず腹いっぱい食べることをおすすめします。太ったらまたダイエットしたらいいですから。

言い聞かす

これが、最終的にとても重要になってくると思います。まず自分を変えることです。そのためには、自分に言い聞かすことが大切になってきます。自己洗脳とでも言いますか。

 「あんな不味いものは2度と吸わない。あんなものに頼らなくても生きていける。自分にはできる!!」と言い聞かしましょう!!
 
 

 

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)

読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)

 

 

週末に見よう!ウィルスミスとジャックブラック最高の2本立てはこれだ!!

どうもです!

本じゃなくてすみません(^_^;)

 

でも、本屋さんにもDVDあるでしょ!

そんな感覚でご紹介していきたいと思います。

ウィルスミス主演の「フォーカス」

この映画は、日本では2015年5月1日に公開されました。

ウィルスミスとマーゴット・ロビーが主演の映画です。僕は、やっぱりウィルスミス好きですね。あの声がいいですよね。僕は、洋画は基本的にもう日本語で聞きそして見ます。理由としては、夜酒を飲みながら見ますので、語訳を読みながら見ているととても眠くなるからです・・・。
 
しかし、ウィルスミスの場合は、英語版で見ます。それは、声がかっこいいからです。あの低い何とも言えない声はいいですね。
 
この映画を簡単に解説します。
「犯罪グループのリーダーであり自身も凄腕の詐欺師であるニッキーは、その大胆な手口で次々と大金を手にしていた。そんなある日、彼は女詐欺師のジェスと出会う。ジェスはニッキーを騙そうと近づいたが、彼の詐欺のテクニックに魅了されてしまい、グループの一員となることを決意する。その後、ジェスはグループの一員として活動していくうちに、瞬く間に詐欺のテクニックを身につけていく。一方ニッキーは、そんな彼女と行動を共にしていくうちに、次第に彼女と惹かれあっていくのを感じていた。ところがニッキーは、そんな関係を終わらせるべく、とある大きな仕事が終わった後、ジェスの前から姿を消してしまうのであった。
それから数年後、ニッキーは一世一代の大きな仕事を行うため、とあるモーターレースチームのオーナーに近づいていた。すると、そのオーナーの隣には美しくなったジェスの姿があった。ジェスの登場によりニッキーの計画は崩れ始め、そして彼女の真の目的が明らかになる。」   ウィキペディアより
 
ぼくが、好きな映画はたいていがキャッシュが飛び交う映画は好きですね。現ナマが紙屑のように扱われる映画なんか好きですね。まあ、願望であります。
 
けっこう、最後は、そうゆうことだったのか!!という結末です。ありきたりのようで、意表をつかれました。
 
ぜひ見てください!おすすめです!

 

 

 ジャックブラック主演「バット、ブロマンス」

 

いやー、ジャックブラックの映画は本当におもしろいですね。独特の雰囲気とキャタクターがいいんですよ。しかし!今回のこの映画「バット。ブロマンス」は度肝を抜かれました。実は、ジャックブラックが出ているというだけでレンタルしたのですが、題名で気づけばよかったです。気づかずに借りました。

まあ、でもどっぷりとあっち系ではなく、家族の問題や友人のあり方、いろいろと学べるところはありましたが。

ストーリーはこうです。

ジャックブラック演じるダンは、昔も今も冴えない男。同窓会の委員長であるダンは、なんとか今回の同窓会を成功させたい。ある日、cmを見ていたらそこにかつての同級生のオリバーを見つける。ダンはオリバーが同窓会をに来てくれれば参加者がたくさん来る!と考え方会社と家族に嘘をついてロスへ出張として行き、オリバーに会う。とここまでは、さすがコメディーで笑いました。
ここから、急展開!ダンとオリバーはクラブをハシゴし、酒に薬物のぶっ飛んで楽しむ。その夜、ダンとオリバーは体の関係に。。。
この後は、映画をみてください。
えげつない映像はありませんので。

基本的にはコメディーで笑えます。ダンの心の変化や、実は俺はと自分を疑うダンや、息子との家族関係や、その関係を知った奥様との関係。見ていて辛い場面もあります。
僕は、この映画をドライブしながら嫁さんと見ました。嫁さん曰く「なにこれー!気持ち悪い」そうですが、いろいろ考える場面ありますよ、ぜひ見てみてください!

ご一緒に、ジャックブラックの映画
「いとしのローズマリー」と「ガリバー旅行記」ぜひ見てください。ジャックブラックの魅力満載です!!

 

 

週末にはこの3本「ジャッジ~裁かれる判事~」他3本どどんと紹介

まずは、1本目、ジャッジ〜裁かれる判事〜です。

やっぱりかっこいいですね、ロバートダウニーJr.は!!142分という超大作で本当におもしろかったです、ダウニーJr.演じるヘンリーは凄腕の弁護士で負けたことはありません。また、ヘンリーの父
パルマー判事もまた優秀であります。ヘンリーは母の死をきっかけ故郷にもどってきます。久しぶりの兄弟や父との再会。しかし、ある日パルマー判事が葬儀が終わった夜、人を引いて死亡させてしまいます。その父を弁護するためヘンリーは残り戦います。

見所は、ヘンリーと父の関係です、あまりいい親子関係ではありませんが少しずつ距離が縮まるドラマや
なんといってもヘンリーの弁論です。本当にすばらしいです。
また、もと恋人との再会や、兄弟の過去、、、本当に目が離せませんし、心温まります。ぜひみてください。

 

 

2本目はドローン オブ ウォーです。

この映画は、衝撃です。戦争しているのに、戦争してない、何とたたかっているのか!?と主人公の無念さが伝わってきます。彼の仕事は、戦地の上空3000メートルを飛ぶ、無人機の操縦士。約12000キロはなれたアメリカで、攻撃命令を受け、ミサイルを撃ち込んでいます。一般市民も巻き添えにし、、、。

自分は安全を保障され、敵を撃つ。この環境に耐えられなくなります。そんな心の動きを見る映画です。

実際にドローン戦争は起きてます。考えさせらる映画です。

 

 

3つ目はコンテンダーです。

ニコラスケイジ演じる下院議員の政治家の話なんですが、主人公は、石油掘削反対派で、地元の漁業者と深い絆をつくっています。ある日、石油掘削事故で地元の海が汚染され、主人公は立ち上がります。がしかし、束の間に、主人公はスキャンダルを起こします。一気に信用をなくします。そこから、主人公は、地道な努力で巻き返します。

しかし、最後には、、、。

後味はあまりよくありませんが、これが政治家の話だと思いました。とても、現実的な映画でおすすめ映画です。

 

コンテンダー [DVD]

コンテンダー [DVD]

 

 

一日一食ダイエットって知ってるかい!?12冊目。

なかなかできない

どうもです。

ダイエットなかなか続きませんね。運動したいんですが、お酒好きのぼくにはなかなか。運動は好きなんですけど、やせたいけど楽したいんですよ。

 

 腹筋や腕立て伏せだけでは、なかなか落ちませんね。一日1000回ずつくらいやればおそらく効果は出るだろうと思いますがなかなかモチベーションが続きません。なぜでしょう?

やっぱりすぐに結果が出ないからではないでしょうか。すぐに結果が出れば続くのだと思いました。という自分に都合のいい仮説をたててます・・・。

そこで一日一食というタイトルに惹かれこの本を手に取りました。

もともと、プチ断食とか1日二食とか、朝食抜きダイエットなどには興味がありました。
実際に、朝食は今はあまりとってはいません。が、体重は現状維持ままでやせている実感はありません。

 昨年、子供と海へ行ったとき、他のお父さんや若い人たちの体をみて、本当に「やばい」と思いましたね。自分の体の醜いこと醜いこと・・・子供にも「あ、お父さんと同じお腹に人がいる」と言われ、その人の体を見てとてもショックを受けたことを覚えてます。
「ああ、こんなふうなんだ」と。いよいよしっかりダイエットしないと子供にも嫌われてしまう。

こう思い、1日1食をまずは、1日体験してみようと思いました。

タモリもたけしもやっている!!1日1食とは!?

北野たけしさんは、もう何年も1日1食をやっているらしいです。おそらく、すばらしい作品を次々とつくっていけるのは、1日1食を実施していることにも関係があると思います。

食べないことで、胃に余計な体力を奪われず、その分脳みその方へ血が行き渡り、脳みそフル回転を持続されることができるそうです。

実際、僕は昼ごはんを食べたあとはものすごい眠気に襲われて、20分ほど昼寝をします。昼寝をしたらすっきりしますが、起きてから15分くらいは、ものすごくだるいです。

おそらく、食べ物を消化するためにかなり体力を奪われているのでしょう。

タモリさんは、もう30年以上も1日1食をされているそうです。あの長寿番組「笑っていいとも」を長年続けられた原因の一つだと思います。

 27時間テレビの時は、1食もしないで番組に出演していたそうです。少しでも体力を維持していくために食べないそうです。すごいですね。


 どうも、体験者はこのような体験を実感するそうです。
 いつも、頭が冴えていて、食べないことで6時間ぶっとうしで原稿が書けるとか、睡眠時間も今まで8時間しっかり寝ていたけど、食べないことで余計な体力を使わないので5時間でも大丈夫だというかたもおられるそうです。

また、食べないことで老化も遅くするのだそうです。そして、長生きもできる!!

いいこと尽くめですね。

人類は誕生して400万年のうち399万9900年間は1日1食どころがそれ以下だったそうです。いかに、現在の私たちは食べ過ぎているということがわかります。

僕が、思うに、ダイエットを目的とすると、ダイエットはなかなか続きません。痩せたいとかかっこよい体になりたいとかは僕にとってあまり魅力を感じません。

では、どうしたら私はダイエットを成功させることができるのだろうか?と考えたとき、これだったのです。

頭が冴えて仕事の効率がアップする方法!は、1日1食である!!

実際、仕事がとても増えすぎて、また地域の付き合いや、与えられたことなど性格上断れないのでほとんど受けてしまいます。従って、それらや仕事をやるためには時間が必要なのです。

頭が冴えれば脳みその回転も早くなり、どんどん仕事をこなしていくことができ、結果として余った時間で、家族との時間や子どもへの教育やまた、趣味などに時間を当てることができます。そして、結果痩せたらしめたものです。

朝はヨーグルト、昼夜は腹八分から

なかなかすぐにはできないと思うのでまず、朝はヨーグルトだけで、昼夜は腹八分でいきます。腹八分ってなかなか難しいんです。満腹に食べたいですよね。

 

腹って30分後くらいに満腹に感じられてくるらしいので食べている最中は腹が膨れていることに気づかないんです。だから、八分くらいに押さえておけば30分後くらいに腹が膨れていることに気づく。まあそのためには、よくかんで、ゆっかりしっかり食べることが第一だそうです。

明日から少しづつはじめます。夏にはかっこいいパパになるぞ~!!ではでは!!

 

やってみました! 1日1食

やってみました! 1日1食

 

 

ブログ運営5ヶ月目に初ヒット!バズったあ!

ブログの柱

どうもです!

初ブログが2016年10月1日で、只今ブログ記事54記事目となります。月単位12記事くらい。まだまだ少ないですなあ。毎日書けるよう頑張りたいと思います!

なんて、意気込んでいますが、ブログ運営を振り返ってみると

昨年10月より始めたわけですが、記事数は10月/18記事、11月/13記事、12月/2記事、1月/14記事、2月/6記事です。

ん~ 大したことありませんね… 最低20記事は月に書いていきたいです。

このブログのタイトルでもあります「100冊読破」からも今現時点11冊紹介。

1ヶ月8冊は最低紹介しないと100冊にいきません。現在も4冊ほど同時進行で読んでいますが、2月中に紹介できるかどうか・・・。

しかし、ペースを上げなければ意味がないので、がんばります!

 

このブログのコンセプトは「本屋さん」です。本屋さんには本は当然あります。本もありながら、DVDもあります。また、文房具も紹介していければと思ってます。また、新聞の記事ネタも掘り下げたものを紹介できるといいかなあと思います。

まずは、本を中心に紹介していこうと思います。

バズったあ!

いやー やりましたよ!バズりました!なんと一日100PV超×2日間=200PVです。すごいうれしいです。大した数字ではないかもしれませんがぼくにとっては、信じられないくらいすごい数字!うれしいです!

では、いったいなぜバズったのでしょう。

実は、記事は11月に書いた記事なんですが、な、な、なんと!この記事にツイートしてくれたのはなんと、記事の本の著者本人の木下斉さんがぼくの記事に直接ツイートしてくれたんですよ!!!

 いやー 感動して泣きましたよ。本当にうれしいです。

下が、その記事です。

blog.book1ban.net

 

今後の目標

奇跡ってあるんですね。はあ~。なんかいい意味でため息しかでませんよ~。ハイ。

 

今後は、1日100pVで3000PVを一ヶ月でとってみたいですね。それには、毎日記事を書く事が大前提だと思います。そして、本をしっかり読んでしっかりと発信して行きたいと思います。

また、「僕らがやっている最強の読み方」を読んでから新聞も毎日チェックするようにしています。

 

 

なにげなく読んでいた新聞もよくよく読むと興味深い記事たくさんありますね。読むこと、書く事、発信することをしっかり実行していきますので今後もどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

 

人生80年、今38歳。残りの人生を考えたとき見えてくるものは!?

人生1回こっきり!いつ死ぬかだって分かりゃしない!100%生きようよ!

 

 ものすごく、人の目が気になる時がある。自分は今どう思われているのだろうか?こうゆうふうに思われていないか?いい加減なこと言うなあと思われていないか?・・・。
なぜかやる気がしなくなる時がある。なにもしたくない時もある。どっかへ逃げてしまいたい時もあるでしょう。眠いし、寝てたい。グータラ、テレビ見てたい。


動物は何を考えてどうして生きているのでしょう。動物は言語もなく、ただお腹を満たすためだけに、子孫繁栄のためだけに、生きてる。それが指名。自分が生きることが次の世代へ繋いでいくこと。それが本能である。

人間には、理性がある。言語がある。考える力がある。やりたいことができる、許される、それが人間。

動物ではない。そう、人間はやりたいことをやってもいいんです!!

人がどう思うとか、自分はどう思われているとかは、自分の考えることではありません。他人が考えることです。

自分は、自分の思うことに精一杯の注力をすること。

アドラー心理学では、課題の分離というものがある。

自分はこういう考えでこうやる→相手はその考えを聞いてどう行動するか・・・それは相手が考えることだ。

自分は、自分のビジョンを語り、訴える、相手はその考えに共感する。行動する。

相手がどういった思い出行動するということは相手の仕事であって自分の仕事ではない。そこに土足で入っていって「あーしろ。こーしろ」と言ってはいけない

 なぜ、生きるのか!?

人は、なぜ生きるのか。何を使命に生きるのか。なんのために、目標はなにか?
動物は、次の世代に繋げるために必死に生きます。そうです。結局は、人間も次の世代に繋げるために生きているのではないでしょうか。むしろ、そうならないといけません。
これから、どうゆうビジョンを描きながら生きるのか、どんなやりたいことへの実現の為に生きるのか。夢を描き、小さな行動をすれば、次に繋がります。

逆に、そう生きたくない人、自分のためだけに生きる人、これは、小っぽけな人生を歩むことになります。ただ、仕事をこなして1日を終え、なるべくやりたくないことは避け、その日よければすべてよしでは、つまらないです。何のために生きてるのって思います。

 ただ楽して息しているだけでは、死んでいるも同然。きつい先に喜びがある。


人生は、早い


世のため、人のために働く、行動するのも悪くありません。そうゆう経験が人間の幅を広げます。幅の広い人間は、面白いです。そうゆう所に人は集まり、そこからワクワクするようなビジネスが生まれる!!楽しいそうにお話ししている人、彼らは人を惹きつけます。それは、いろんな経験をし、失敗もたくさんやり、挑戦もおこない、恥もたくさんかいて、罵倒され、それでもその失敗談を楽しそうに話します。それも、人生の幅です。
人生1回しかありません。経験は、率先して手に入れましょう!限界になって、これ以上出来なくても、やりましょうよ!もう、頭の中がパンクしそう、、、大丈夫!寝てしまえば、またリセットされます。スッキリしています。挑戦しましょうよ。現状に満足したらおしまいですよ。常に夢を持ちましょう。
恥なんか、恐れなんか、宇宙からみたら小っぽけなくずみたいなもんですよ。さあ、なんでもやってみましょう!

自分は馬鹿だと思って訓練をつめ

1万時間の法則って知ってるか?

「天才!成功する人々の法則」に書いてあるんだが、要はだれでも1万時間やればその道を極めることができるということ。どんなことだって訓練をたくさんすれば極めることができるんだ!

ある話が苦手なひとがいたとしよう。「自分は話が苦手なんだ」と思い、話す機会から逃げていては結局話下手になってしまう。

それよりも「話すことが苦手だ。だから訓練しよう」と思い自分から話に行くという行動。車の中で話す練習をする、紙に書きよんで発生して練習する。

人と話すイメージトレーニングをする。

といった行動の積み重ねで成長していく。つまり自分はバカだから人より何倍も努力する。訓練する。ということなんだ。

人は、体験を積むこと→練習や訓練、また読書による疑似体験などにより大きくなっていく。自分は馬鹿だと思い何もできないから練習するしかない!と行動すれば必ず極めることができる。

そう思う。

 

天才!  成功する人々の法則

天才! 成功する人々の法則

 

 

 

【知の巨人】「僕らが毎日やってる最強の読み方」で新聞、本の活用法を知れ!

f:id:akitani0828:20170219160209j:image

【2017年3月13日更新】

現代の知の巨匠はこのふたりだ

池上彰佐藤優この二人本当すごいです。

この本絶対に読むべきです。

この本で興味を持ったのは、新聞の読み方、書籍の読み方、雑誌の読み方、ネットの活用法です。

ぼくは、新聞をとってます。その理由は、ただ地方の情報を知るためです。あまり興味がなくても結構重要なことがのっていたり、うちの子がなにかの賞をとったときや、学校の行事や地域の行事など、また自分が記載される時もありますし、そういったときのためです。あとは、一面をたまに朝読むか、スポーツや事件など見る程度。

 

この「僕らが毎日やっている最強の読み方」を読むと本当に新聞に興味が沸いてきます。

下の写真は本にあるページを載せました。

どうですか。池上さんは、一日に新聞を10紙も読むんです。そして、時間は朝20分で夜1時間です。以外と時間をかけていないんだと思いますし、気になるニュースは切り取ってクリアファイルに閉じておく。

こういった作業をすることでしっかりとインプットするんですね。

 

f:id:akitani0828:20170219161429j:image

この本を読んでから、ぼくは気になるニュースのタイトルをノートに書く事にしました。日付を書いて、気になるニュースを3つほどタイトルだけ書く。

今10日ほど立ちましたが、その時のニュースがどんなだったか覚えているもんですし、じっさいに興味が沸いてきます。

しかし、新聞は表だけの情報を流しているだけなので、しっかりと掘り下げていければなあと思い、今気になったニュースをしっかりと書き留めといて、後に深堀していきたいと思います。ニュースについて語れるくらいにならないといけないなあと思います。

雑誌は娯楽、しかしネットを見るくらいなら情報としてはピカイチ 

 雑誌はよく読んでいましたが、最近ではあまり見ません。

それは、インターネットの情報の方が早く、雑誌は古いからです。

・・・と思っていましたが、この本をよんでそうではないことがわかりました。

ネットは情報がたくさんあり、しっかりと編集されたものがなく、また気になったらどんどんと調べたり、ネットのページもあちこちと行き、最初なにを知りたかったのか忘れてしまいます。けっこうよくあることです。

佐藤優は、ネットをみるくらいなら雑誌を見たほうがいいといいます。雑誌は、記事一つを書くためにものすごい裏取りや取材、さまざまな情報をしっかりと編集してはじめて記事になります。だから、しっかりとしている。少し古くたって(インターネットより)しっかりとした情報であるのでぜったいにいいんです。

今ではドコモの「dマガジン」などは、160種類の雑誌を1ヶ月400円で見放題です。これは佐藤優も加入しているそうです。

ぼくも、楽天楽天マガジン」に早速加入しましたヽ(´▽`)/。月額380円で雑誌の種類は200種類あります。まだ加入したばかりなのでまたどこかで紹介します。

書籍はしっかりと基礎をつけるために読む

佐藤優は、月に90本もの締切を抱えているにもかかわらず、毎日読書の時間を確保するそうです。月に90本ですよ。超人です。池上彰も月に18本の締切をかかえているそうです。これでもすごいです。

もちろん仕事はこれだけではなく、大学の講師やテレビの仕事などなど、大変ご多忙ななかしっかりと本を読んでいる。

どうやら読み方があるみたい。

佐藤優月に300冊もの本を読みます。300冊ですよ!

読み方は、「超速読」「ふつうの速読」「熟読」。超速読は1冊5分。速読は30分。熟読は1ページ1分だそうです。

僕の場合は、全部熟読よりも時間かけています(^_^;)

なかなかできないと思うので、ぼくの場合最初は熟読で読み2回目以降は速読、3回目以降読むときは超速読という具合にやっていこうと思います。

 池上彰佐藤優の両方が言っておられるには、

「はじめに」「おわり」をしっかりと読み、目次で全体像を把握してから読むということです。ぼくは、そこをしっかりと読み、目次に気になる部分をマーカーで色をつけ、きになったところは付箋をはり、極めつけに、池上彰がやっているA4用紙にメモをして四つ折りにして本に挟んでおくと。

これは、すぐに実践したところ、自分のなかに残っていることが多く、本を読む意味があるんだと実感します。(いつもだと読んでもほぼほぼ覚えておらず、なんか読む意味あるのか疑ってしまっている)

まとめ

これからの時代は情報がたくさんあるから、惑わされずニュースに対してもしっかりと意見を持ち、しっかりと発信して行けるようにしたいと思います。

これから、仕事のやり方は変わってきますし、自分にしっかりとした力をつけるためにも世の中をしっかりと把握する必要があると思います。

ひとつの仕事をやるだけでは今後は生きていけないと思います。いわいる労働による稼ぎは限界があるし、今後どんどん下がっていくでしょう。

しっかりとした考えや知識を持つことで、魅力ある人間がこれから食っていける人です。そのためにも、たくさんのことを知り考え発信していきたいと思います。

この本そのためにも超オススメです。

 

追記

 

最近新聞が面白い。この本を読み終わった次の日から新聞を読み始めました。読み始めたというより、読み方を変えました。

まず、タイトルだけをパーッと見る。そして、気になったタイトルをノートに日付を書き、箇条書きする。内容で気になったものはメモ書きしておく。また、写真にとりデータとして残しておく。たったこれだけのことで、新聞がよくわかるようになったんです。

 

これを毎日行い、今2週間たちましたが、毎日新聞に何書かれてるかたのしみになりました。

 

毎日メモをとると、新聞の記事って何日もに渡って、掘り下げられていく様がわかってきます。興味がない記事でも興味が湧いてくるんすよ!!

 

今後、ニュース新聞記事も、私のオピニオンと一緒にアップいたします。いやー、池上先生は本当に凄いお方だ!

f:id:akitani0828:20170313233150j:image 

 

日経ビジネス・アソシエ4月号に紹介されてましたよ!

佐藤さんも池上さんも毎日10紙以上の新聞を見ます。さらに、佐藤さんは読書などインプットの時間を毎日4時間も当てているんです。まさに鉄人です。

二人の共通点は、気になった記事はしっかり切り取って保存していること。この努力があるからこそ、これだけの仕事がこなせるんですね。