ライフ-レコード

限りある資源・つまり時間を有効に使った人生を生きよう!

本の時間

「シンプルに考える」何事もシンプルにシンプルに・・・

未来へのビジョンはいらない こうなりたいとかああしたいとか、目的をもってしごとすることはいいかもしれないけど、10年後20年後のビジョン何てわからないよね、っていう話です。ビジョンをかかげてもせいぜい3年先の未来です。たいてい来年のビジョン…

「嫌われる勇気」対人関係に悩む若者よ。相手がどう思うかは相手の仕事で自分の仕事ではない。

嫌われる勇気を読んで 嫌われる勇気が必要、だいたんな行動には常に嫌われる、つまり反対する意見というのは必ずあります。どんなに素晴らしい人、生きるお手本のような人でも人は必ず欠点を見つけ出す、そうゆう生き物です。嫌われてもいい振る舞いをしろと…

【おすすめ小説】「ちょっと今から仕事やめてくる、季節の変わり目はなにかと忙しくてと仕事辞めたくなるなあ

ちょっと今から仕事やめてくるを読んで この時期になると何かと忙しいんですよね。仕事もしかりプライベートもしかり、学校行事に所属団体の活動etc。。。 そんなときは、本を読んでスカッとするしかないなということでこの「ちょっと今から仕事やめてくる」…

【おすすめ小説】読書の秋です。おすすめ本は池井戸潤先生の本 厳選3冊!

空飛ぶタイヤ この「空飛ぶタイヤ」というストーリーは、一言でいうと「男の闘い」です。ページ数823もありながら、本当に一気に読みました。寝食を忘れて読書に没頭するという生まれて初めての経験をしました。そして、感動で涙を流すという経験までさせて…

「最高のリーダーはなにもしない」リーダーでもっと成長したい人は一度立ち止まってみてください

「人を動かす」から「人が動く」へ リーダーの最も大切な仕事は「目的」をつくることです。リーダーといえばつい細かい指導や指示をすることが当然とばかりに口うるさく言ってしまいがちです。リーダーの仕事は目的をつくりしっかりとビジョンを語ることなの…

「マーフィー100の成功法則」より目標設定で自分を動かそう

イメージすることが大事! 何もやる気がしないときは目標設定をしたらいいと思います。こうなりたいという自分をイメージすることです。つまり完成形をしっかりとイメージする。なりたい自分をイメージする。 例えば明日から早起きをすると決めたとき、朝早…

「行動力の育て方」概要編。自分は主役である!主役は常に行動する!

行動力1.主体的であれ 僕は、行動力があまりありませんが、自分が主役であると思い込んだ場合にのみ行動力がアップします。つまり、他人事であると行動しません。他人事でも自分のことのように考え自分ならこうするとなると行動できます。 安藤美冬さんの…

「人生の勝負は朝で決まる」仕事編

出社時間は人生の集大成 皆さんは出社時間は会社の定時ですか。それとも少し早く出社しますか。 結論から申しますと、早く出社した方がいいです。僕は、残業はほとんどしないようにしています。残業をしないかわりに朝早く出社して、昨日の仕事を片づけたり…

【おすすめ小説】「銀行仕置人」で小さな行動が目的達成のコツだと学ぶ

巨悪対一人の男 池井戸潤の本を読むと本当に心が強くなると思います。「空飛ぶタイヤ」もそうでしたが巨悪に立ち向かう一人の男の壮絶な話です。銀行の組織、働き方、振る舞い方、根回し、出世、そして会社の歯車、一般の会社にもありますが、とくに銀行の組…

「ポジティブの本」感謝する気持ちが心の成長なのさ!

帯には、こう書いてあります。 元の性格は関係ない。毎日が前向きに変わる。 自分も周りの人も幸運体質になる 3つの基本と11の法則 とにかく感謝することです。この言葉に、あそうか。と思いました。感謝することってなかなかしないですよね。口では、ど…

「みるみる話上手になる本」でしゃべる技術をつけ成長せよ!

本書は、倉島麻帆というフリーアナウンサーが書いた本です。プロが書いた本なので間違いはありません。 実は、最近人前で話す機会が増えてきました。30代も中すぎると、さすがにいろんな場面で話す機会が与えられます。僕は、ものすごく緊張するタイプで、し…

成長は行動することで太くなる!

知識を学ぶ、情報を得る、そして行動する! 最近思うこと、そして、実感することは、知識を得て、情報収集して、そして行動することが大事という事です。もっと言うと、情報収集よりまず行動する、つまり経験してしまうことが一番何より学べるという事だと思…

「人生の勝負は朝で決まる」受験勉強編

夜の勉強と朝の勉強の違い 夜勉強すると「何時まで勉強できる」と油断してしまい結局は集中して勉強できる時間なんて大した時間ではない。夜はだらけてしまうし、一日の出来事をかんがえたりだとか余計なことを考えがちである。だらだらと無駄な時間をすごし…

「1日が27時間になる速読ドリル」で本を読むスピードをつけ時間を確保する方法

1日を27時間にする? 速読というのは意識だと思います。早く読んで理解しよう!と僕は今まで思っていました。しかし、この本を読んでから少し違う観点から本を見るようになったのです。 意識の問題とは、早く読もうという意識ではなく、目で追って、そこにあ…

「ゼロ秒思考」頭をよくするためにやることとは!?

頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング 時間というものは、皆に平等に与えられたものです。1日24時間という時間の中で生産していく、どんな人にも同じ時間が与えられるのです。それなのに、なぜ、つまり出来る人とできない人が生まれ高所得の人と低所得…

「金持ち脳と貧乏脳」は茂木さんの本だから読みましょう

茂木さんの本はぶっ飛んでる! 金持ち脳と貧乏脳というのが存在します。金持ち脳とは「お金がお金をうみだす」ということが思考できる脳だそうです。一方貧乏脳とは収入を得た時にすぐに使ってしまったり一時の快楽のために使ってしまうような脳です。これは…

「本を読む人だけが手にするのも」から毎日本を読めば成長することを学ぶ

それぞれ一人一人の時代へ 日本はすでに「成長社会」から「成熟社会」へ移行しています。それは、1997年に大手証券会社が破綻したころからすでに始まっています。例えば、成長社会のころの日本はどうだったのでしょうか。みんな一緒に同じように大手企業に就…

「坂の上の坂」50代に向けてやるべきことを学びましょう

テレビをリビングから追放しよう パリでは、現地で知り合った多くのフランス人の友人たちとさまざまにふれあうことができました。多くのことを学びました。パリでの人々は食事の時の会話を人間関係の基本として非常に大切にしていました。テレビは朝起きたと…

日本は成長しない時代。フランス人の生き方を学べ!「フランス人は10着しか服を持たない」

成熟社会フランス もはや日本は成長社会は終わり成熟社会に移行しています。このことは、藤原さんのほんからも何度も登場します。日本はもう成長しません。なぜか?それは、人口に大きく関係します。過去、日本の高度成長期に日本の経済を支えたのは、言うま…