読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Go!40

40歳を迎える来年8月までにさらに加速化!30代は2度と戻ってこない。今、40歳になるために基礎をしっかり固め、やりたいことを全てやりつくし、40代を謳歌したい。

日本は成長しない時代。フランス人の生き方を学べ!「フランス人は10着しか服を持たない」

f:id:akitani0828:20161016231548j:plain

成熟社会フランス

もはや日本は成長社会は終わり成熟社会に移行しています。このことは、藤原さんのほんからも何度も登場します。日本はもう成長しません。なぜか?それは、人口に大きく関係します。過去、日本の高度成長期に日本の経済を支えたのは、言うまでもなく労働者です。労働人口が圧倒的に多く、また子供もたくさんいました。人口が増えている状態では、何もしなくても、経済は回っていきます。また、戦後何年も日本は物がなく、その物を手に入れたく頑張ってきました。車がほしい、冷蔵庫がほしい、いい家がほしい、など。これが経済を支え、成長していったのです。

しかし、今はもう成長しません。物にあふれ、人口は減少し、労働人口も減る、ましてテクノロジーにより益々労働者は不要になります。日本は、もう成熟社会へ突入しているのです。

ヨーロッパでは、すでに成熟社会へ突入しています。もう20年以上も前のことです。
成熟社会には成熟社会の生き方があります。
この「フランス人は10着しか服を持たない」は成熟社会の生き方がたくさんのっております。
ぜひ手に取ってほしいと思います。

あるアメリカの留学生がフランスで過ごした話

 ジェニファー・L・スコットというアメリカの女性が大学3年生の2001年にフランスで過ごした話です。

この本を読んでいると、とても紳士になった気分になります。本がオシャレなんです。見た目だけではなく、もう内容がオシャレです。

 

例えば、第1章にある「食」についてです。フランス人は基本的に、食事の間食はしません。歩きながら食べたりしません。また、毎日の食事がとても手が込んでいます。だから、おいしいものを食べるために間食なんかしません。

お腹を空かせた状態でおいしいものを食べることがとても大切なことだとわかりました。

食事中も、食材についての会話やワインはどこの地方のものとか、会話の内容の質の高い、これって大事ですよね。

 

僕なんか、朝はあまり食べず、昼はササッと、よるはがっつり、そして間食もします。

食べ物に対する意識を高く持つことがとても大事だと思いました。あと、水ですね。こまめに水分補給の重要性も書かれていました。

 

各段落ごとに、まとめが書いてあり、そこで本の内容を復習できますので、とてもわかりやすい本です。

 

教養を身に着ける

教養を身に付けることがやっぱり大事です。特に、働きだしてから、大人になってから本を読んだり勉強したりすることは減ってきます。でも、本を読んで教養をいつも付けておくことが大事だと思いました。

 

フランス人の会話はこうです。「最近どんな本を読んだ?」

僕ら日本人はそんな会話しませんよね。むしろ本を読んでいることを隠したがります。「俺は本なんか読まないよ」みたいな・・・。

 

本は、常に持ち歩いているようで、このジェニファーさんも週に1~2冊本を読んでいるそうです。美容院の待ち時間や、移動時間、ちょっとした暇があれば本を読んでいるそうで、「キンドル」を常に持ち歩き読んでいるみたいです。

そのなかで、おもしろかった本をいくつか覚えておいて、「なにかおもしろい本ある?」と聞かれた時は、いくつか薦める、こういった会話のネタにもなるみたいですね。

 

また、言葉の知識を増やすことも大事で、ブログや本で覚えた言葉をさっそく会話で使っているようです。これわかりますね。僕もネットで検索して、ちょっと使ってみたりします。恥ずかしいし、ほんとにあってるかなとか思いますが、使ってみると高揚感にひたれますし、とても大事なことだと思います。

 

テレビの時間を減らすこともありました。

できるだけ、本やブログをよんだり会話を楽しんだり、アートに親しんだり、新しい事をやってみたり、テレビの時間をそぎ落とすだけそぎ落としてみましょう。テレビから得られるものはあまりありません。

あっても、時間効率が悪すぎます。大切な時間をしっかり利用しましょう。

 

 

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質"を高める秘訣~