読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Go!40

40歳を迎える来年8月までにさらに加速化!30代は2度と戻ってこない。今、40歳になるために基礎をしっかり固め、やりたいことを全てやりつくし、40代を謳歌したい。

「金持ち脳と貧乏脳」は茂木さんの本だから読みましょう

自己啓発書

f:id:akitani0828:20161021155126j:image

 茂木さんの本はぶっ飛んでる!

 

金持ち脳と貧乏脳というのが存在します。
金持ち脳とは「お金がお金をうみだす」ということが思考できる脳だそうです。一方貧乏脳とは収入を得た時にすぐに使ってしまったり一時の快楽のために使ってしまうような脳です。これは、以前の僕だと思います。

学生のころは、ギャンブルやアルバイトで得た金額をすぐに飲みに行ったりしたことを思い出します。まあ、それが楽しかったのですが・・・。

お金というのは手段であってどう使う、投資するかでお金が得られるのです。

この本の中で、おもしろいことが書いてありました。

「お金持ちはお金は節約するが、人間関係は節約しない」ということです。つまり、お金持ちというのは自分がやりたいこと自分を満させることには自己投資ができる。人間関係つまり出会いや縁にはお金はおしみません。
それは、経験上ここが大事だとわかっているからです。お金がお金を生むのです。

お金持ちはただ単にファーストクラスやグリーン車に乗っているわけではないのです。そこでの出会いや、話しかけたり話しかけられたりと、お金を生むビジネスチャンスがそこにはあるのです。

んー、僕はただ上質なサービスを受けるだけのためにファーストクラスに乗りたいと思っていました。まだまだ貧乏脳ですね。

それと、もうひとつ!楽しそうにしていると人は集まってくるということです。

本の中であることが書いてありました。ある所でイケメンが無表情でものを売っていました。一方では普通メンが笑顔でものを売っていました。結果は、わかりますよね!普通メンが圧倒的にものが売れたということです。

本当に楽しそうにしているとその人のところへ人は寄ってくるのです。それでお金も寄ってくるのです。

この本本当におもしろいです。ぜひお読みください。

 

金持ち脳と貧乏脳

金持ち脳と貧乏脳