建築現場監督を極める

建築現場監督のためのノウハウブログ。建築技術は永遠に不滅だ。

「ゼロ秒思考」頭をよくするためにやることとは!?

 f:id:akitani0828:20161022104932j:image

頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

 

 時間というものは、皆に平等に与えられたものです。1日24時間という時間の中で生産していく、どんな人にも同じ時間が与えられるのです。それなのに、なぜ、つまり出来る人とできない人が生まれ高所得の人と低所得の人がいて、有名な俳優さんがいて無名で売れない俳優さんがいる・・・この差は何なんでしょう。

時間を有効活用してないのではないか?と思います。そもそも出来る人と出来ない人の違いは何かといいますと、出来る人はやりたいことがすごくたくさんあります。しかも、出来る人なので、頼まれることもたくさんあります。だから、限られた時間の中でこなしていくためには、実際にやれることを優先順位をつけてこなしていきます。

そのためには、時間を効率よく使っていかないとこなしていけないのです。

一方で、出来ない人はというと、基本的には何も考えず生きています。与えられた仕事をたんたんとこなします。こうしたらいいとか思っていてもめんどくさいことが嫌いなので、現状に満足しているので余計なことはしません。
それと、自分に限界を作っています。自分の立ち位置を考え、これ以上は自分の仕事ではないと考えることをやめ、楽に生きようとします。

僕は、この出来ない人になってはいけないと思います。はっきりいって人生何年で終わるかなんてわかりません。極端に言うと明日終わるかもしれません。

だったら、めんどくさいとか考えたくないとかはやめて、いろんなことにチャレンジして、自分にはできそうにもないことを「できます」とやってみたりしたほうがいいです。

そうすることによって、いろんな体験ができて、またオリジナルな自分を作り上げていくのです。どうせ生きるなら、やりましょうよ。

 

スピードがたいせつ

 

 時間の使い方を有効活用するには、もちろん段取りも大切だと思います。
しかし、一番大事なのは、スピードだと思います。同じ1分を使うのなら人より倍速でこなせばその人から言わせてみれば2分の価値があるということになります。

これを積み重ねていくことによっては、普通の人にとってに1年が2年分の価値を生むことになるんです。

速さが大事だと思います。その速さのスピードを上げるためには、動作を早くすることも
大事ですが、頭がよくないとだめです。

 

メモ書きをせよ

 

f:id:akitani0828:20161022105219j:image

 

この「ゼロ秒思考」にあるトレーニング方法があります。結局あたまの回転がはやくないといろんなことをこなしていけません。

「それは、僕には向いてないな」とか「私は、バカだからだめね」とか諦めることはだめです。トレーニングさえすれば人間は皆頭がよくなります。

つまり、頭がよくなるというのは、頭が整理されることです。

簡単に言うとこうです。皆さん、日中いろいろなことを考えると思います。
しかし、考えたことをメモすることはあまりしません。

だから、自分が今こう考えていることが実はあまり解っていないのです。

自分が考えていることを一枚のA4用紙に書きなぐっていきます。今日あったことでもいいですし、嫌なことや腹が立ったこと、またアイデアや効率化をテーマにしたもの、なんでもいいのです。

それを書きなぐることによって今自分が考えていることも明確になっていきますし、自然とそれを伝えることが上手になってきます。

そして、究極はゼロ秒で物を考える力がつくのです。普段、書いているので、つまり考えているので一瞬で思考することができるというわけです。

詳しくは、「ゼロ秒思考」赤羽雄二を是非お読みください。僕はいま実践中で、とても頭の中がすっきりしていくことを体験しています。