建築現場監督を極める

建築現場監督のためのノウハウブログ。建築技術は永遠に不滅だ。

「1日が27時間になる速読ドリル」で本を読むスピードをつけ時間を確保する方法

f:id:akitani0828:20161022112429j:image

 

1日を27時間にする?

 

 速読というのは意識だと思います。早く読んで理解しよう!と僕は今まで思っていました。しかし、この本を読んでから少し違う観点から本を見るようになったのです。

意識の問題とは、早く読もうという意識ではなく、目で追って、そこにある文字をイメージとして捉える感じです。まだまだ僕もトレーニング中ですが、今そうゆう意識で本や新聞などを見ています。

例えば、レストランでメニューを見るときなんかまさにそうだと思います。メニューを眺めているときいちいち読んでいますか?多分読んでなんかいないでしょう。見ながら情報を集めていると思います。目で見てイメージしているのです。見て、食べたいものを探しているのです。ほんとうに瞬間的にやっていると思います。

この意見に納得した人は、実は速読は普段からしているとわかります。
今、僕は朝新聞を見てこのトレーニングをしています。目で追って、文字を見ながら、何を言おうとしているのが意図を読み取ろうとしています。

これが、慣れていないので思わず読んでしまうんですよ。今まで人生で本を読むときや受験勉強の時など読んで納得して理解していました。しかし、これでは時間はどれだけあっても足らないのです。見て理解していくことで、時間が増えていくのです。
一日24時間しかない我々に一日27時間に増えるんです。

字を見て、そのイメージで理解していく。これは、一回見ただけでは理解できません。本当にものずごい集中力がいります。(多分なれてしまえばそれほどではないと思いますが)

なので、新聞記事も2度や3度見ることがしばしばです。何を言おうとしているのがということを考えながら、文字を見て必要な情報を読み取っていくことが大事です。

 

f:id:akitani0828:20161022112554j:image

 

具体的なトレーニングが組み込まれている

 

この本には、たくさんの速読トレーニング用シートがあります。

例えば、2ページにわたって「末」という文字がぎっしり書いてありそのなかに1文字違う字があります。それをページ全体を見ながら短時間で探し当てるトレーニングです。
この違う文字というのは「未」という字で、これを数秒で探すのです。

このようなテストがたくさんありやっていると割と早く見つけられるようになってきます。

しかもこの本不思議を早く読めるのです。意識して本を読んでいるので、本当に早く読めてしまいます。実際、数時間で読み終えました。

この本は本当にオススメです。是非よんでください!!