建築現場監督を極める

建築現場監督のためのノウハウブログ。建築技術は永遠に不滅だ。

「人生の勝負は朝で決まる」受験勉強編

  f:id:akitani0828:20170311092722j:image

夜の勉強と朝の勉強の違い

夜勉強すると「何時まで勉強できる」と油断してしまい結局は集中して勉強できる時間なんて大した時間ではない。夜はだらけてしまうし、一日の出来事をかんがえたりだとか余計なことを考えがちである。だらだらと無駄な時間をすごしてしまう。

一方朝はどうかというと朝は「何時までしか勉強できない」となり、限られた時間の中でなんとか勉強をしようという気になるのだ。2時間しかないからこれだけを集中してやろうと、あれこれ勉強せず一つあるいは二つのことにより深く集中して勉強できる。夜だとあれもこれもとなり結局中途半端になり身になりにくい。さらに朝はあれこれ考えることをしない。ある意味目の前にあることしか考えられないかもしれない。僕の考えだが、頭の中が整理されすっきりしているがまだスタートしたばかりなので、あれこれ考えることができず結局目の前の今に集中できると思う。

記憶力アップするためには夜寝る前に覚え朝復讐する

皆さんすでにご存じかと思いますが、記憶力が格段にアップする方法が一つあります。それは寝る前に覚えることです。寝る前に英単語など覚え寝ると、その記憶が整理され頭に記憶として定着しやすいのだ。試しに夜寝る前トライしてみるといい。朝起きたとき少しは忘れているかもしれないが、結構な割合で覚えているのだ。

朝は思考する問題を解き、夜寝る前は記憶するものに分けて勉強することをお勧めする。

夜勉強していて眠くなりウトウトするくらいなら思い切って30分寝よう

夜勉強していると、昼間の疲れなどによりウトウトとしてしまう。それでも眠い目をこすりながら勉強を続ける。結局だらだらと勉強をおこない、何も身につかずに寝てしまう。だったら脳を少し休ませる感覚で30分くらい寝るのだ。その後起きたとき頭がすっきりとしているので思考に入りやすい。すこしでも眠ければ素直に寝ることを選んでいただきたい。寝ることで脳が休み、整理整頓してくれるのでそのごのパフォーマンスが上がる。これはおすすめだ。

 

受験生の皆さんも資格受験生さんも夜無理してがんばるより、より早く寝て体調を整え、次の朝少しでも早く起きて自分を磨けるよう努力することをお勧めする。結局は人生は一回で今この瞬間も1回しかない。小さなできることから始めましょう。

 

 

 

人生の勝負は、朝で決まる。: 「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣

人生の勝負は、朝で決まる。: 「結果を出す人」が続けている52の朝の習慣