読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Go!40

40歳を迎える来年8月までにさらに加速化!30代は2度と戻ってこない。今、40歳になるために基礎をしっかり固め、やりたいことを全てやりつくし、40代を謳歌したい。

「行動力の育て方」概要編。自分は主役である!主役は常に行動する!

行動力1.主体的であれ

 

僕は、行動力があまりありませんが、自分が主役であると思い込んだ場合にのみ行動力がアップします。つまり、他人事であると行動しません。他人事でも自分のことのように考え自分ならこうするとなると行動できます。

安藤美冬さんの著書「行動力の育て方-自分を変える7+1の習慣」の第一項目は「すべては自分からはじまる」です。自分がこうしたいとかこうやるべきだとか、この団体にとって自分のやる意義いる意義を考えればおのずと主体的になれるはずです。言い換えれば主体的でなければ行動しないですし、やれと言われて動くこととは違うと思います。言われたからしょうがなしにやるでは主体的とは言いません。もしやれと言われても何らかの自分の形に置き換えて自分を動かすといいと思います。

 

例えば好きな人がいるとしたら告白されることを願いますか

 

好きな人がいます。毎晩その人のことを想います。そしていつか僕のことを好きになってくれてそして晴れて付き合うことができます・・・。

なんてことがあるわけありません!どんなにイケメンだって好きな人がいたら自分からいくんです。結局は自分から行動しないと叶わないのです。願ってもかないません。願って、叶えるための行動を具体的に考えてそれを実行することが大事なんです。

 

1日5分感情日記をつけよう

 

自分が今思っていること、今の気持ち、などをノートにつけてみましょう。僕も今思っていることや不安なこと、ああしたいこうしたい、など書き出します。

これはすごく重要なことです。だって、書いた後なんだかものすごくすっきりした気持ちになります。それは、今の感情を書き出すことで気持ちの整理がつくんです。これはおすすめです。

 

主役は自分

 

これは、昔から僕はそう思っていますが、そう思いまいのかどうかわかりませんが自分を主役だと思っています。主役であるからにはあまり怠けられませんし、活躍もしなければいけませんし、もてなければいけません。目立たなければいけません。もちろん成功しなければなりません。そのためにはどうするか。おのずと答えが出てくると思います。行動の積み重ね、一日一歩前へ行動することで、大きな成功が待っていることでしょう!!

 

 

やる気はあっても長続きしない人の「行動力」の育て方 自分を変える「7+1の習慣」

やる気はあっても長続きしない人の「行動力」の育て方 自分を変える「7+1の習慣」