建築現場監督を極める

建築現場監督のためのノウハウブログ。建築技術は永遠に不滅だ。

スポーツで汗を流せ!そして脳の枝を増やせ!

f:id:akitani0828:20161028232020j:plain

自分を磨くならスポーツだ!

 

まず、スポーツは体にいいし脳にいい。まあ、あたりまえですが・・・。

スポーツをすると、いろんなことが考えれます。つまり頭を使います。たいていのスポーツは頭を使うので、普段と使わない脳を使います。

まず、いい脳というのは大きさではありません。いい脳つまり、かしこい脳というのはたくさんの枝がある脳です。この枝ぶりは、たくさんの経験をすればするほど増えていきます。それはスポーツにしてもそうです。

運動系の脳は、トレーニングしてたくさんやればやるほど枝ぶりが増えていきます。

 

実は私、剣道をしています。剣道歴は30年くらいになりますかね。この剣道の良いところはたくさんありまして、まずきつくてつらいことです!どういうことですかって聞こえてきますが、人間はきつくてつらい経験が人生の深みを生むと思うんです。つらい練習を終えたときの爽快感ははんばじゃありません。人間の成長はけっして華やかではなく地道な努力とつらい訓練があればこそ華やかな成功があると思います。社会に出てきついこと、逃げ出したいことがあっても剣道をやっていれば多少のことは乗り越えられます。なのでとてもいい経験をさせていただいています。

 

目的を持つこと

 

剣道に限らずスポーツをやっていると、その練習に目的をもって挑みます。今日はいい面を打とうとか、今日は打たずに相手を見るとか、誰よりも気合をだすとか、そうゆう目的意識をもつことが、自分磨きにつながると思います。嫌なことも目的意識を持てば体は動きます。もとろんその達成感から楽しさも生まれます。

 

いつも同じことしててはだめ!

 

同じことをしていては、伸びません。常に変化を入れることが大事です。練習中は、いつもと違うことは一つは入れましょう。そうすることで、脳に刺激を与えまた枝がつきます。こうやって頭もよくなり自分をさらに磨くことができるんです!