建築現場監督を極める

建築現場監督のためのノウハウブログ。建築技術は永遠に不滅だ。

【男の料理】アマゾンより3点紹介。読んだら作りたくなる!

男飯をどどんと紹介

どうもです。もう1月5日ですね。

早い・・・。なにもやることがなくて、苦痛だったような気がしたんですが今ではもうこれに慣れてしまって、仕事できるかな。完全に、廃人!・・・。

今日から引き締めていきます!

 

では、料理本の紹介です。

料理は大好きで、嫁があまり料理をしないので(仕事が遅い)子供2人が口あけてまってるからにはお父さんが作るしかない。ということで料理すきになっちゃいました。

普段は、クックパットを愛用しているわけですが、同じ料理を再検索することが難しくやっぱり本を見たほうが、実は効率いいように感じます。

そんな中、この3冊をアマゾンより購入予定ですが、紹介します。

 

男めし入門 60からの手習い (講談社のお料理BOOK)

男めし入門 60からの手習い (講談社のお料理BOOK)

 

 

男めし入門 60からの手習い (講談社のお料理BOOK)です。タイトルがいいですよね。

思わず欲しくなります。以下はアマゾンより紹介文です。

本書は、定年退職などを機に必要に迫られて家で料理をしなければならなくなった男性に向けて、本当に「理解しやすい」「使いやすい」家庭料理の入門書を目指しています。
著者の加藤先生は20年以上に渡り、シニア男性向けの料理教室の講師を務めてきました。シニア男性が料理を始める際に「どこでつまずくのか」、「間違えるのか」を熟知されており、指導にあたられています。評判が評判を呼び、今では入会待ちの方が列をなす人気の料理教室となりました。本書は、その見地に基づいた一冊になります。

次に小説です。「侠飯(おとこめし)」です。読んだらもう作りたくてしょうがなくなる。チャーハンのつくり方などしっかりと物語の中に入れている。是非オススメです。

侠飯 (文春文庫)

 

侠飯 (文春文庫)

侠飯 (文春文庫)

 

 

最後に「新夜食堂」です。すみません。本のサイトなのにDVDの紹介になってしまいまして・・・。

これを見たらもう料理したくてしたくてしょうがなくなること間違いなし。

この中で普通に作りたくなるのが「豚汁」「カレーライス」「ナポリタン」です。

この豚汁は、映画が始まるときに流れる映像ですが、なるほどこうゆう段取りで作るんだということがわかりますし、本当に美味しそうなんです。これは見てください!

 

 

映画「深夜食堂」
 

 ちなみに原作は漫画です。