読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Go!40

40歳を迎える来年8月までにさらに加速化!30代は2度と戻ってこない。今、40歳になるために基礎をしっかり固め、やりたいことを全てやりつくし、40代を謳歌したい。

【稼ぐたい】7冊目は「武器として書く技術」。イケハヤって誰だ!?

書く・話す

f:id:akitani0828:20170116132938j:image

 イケハヤ知ってるか!?

どうもです。

みなさん!イケダハヤトって知ってますか?

ぼくがブログをやるきっかけになり、ものすごく影響を受けた人物です。年下ですがすごい!10歳くらい下なのに・・・。なんて前は思っていましたがそんなの関係ないよなあ。下だろうが上だろうかすごいやつ尊敬できるやつはすごい!年上だって人生少し長く生きただけで薄っぺらいやつはいっぱいいるぜえ!ほんとに!・・・まあ半分愚痴になってきたんでそろそろ本紹介します。

ちなみに、このイケハヤのサイトは以下です。見てみてください!すごいぜこいつ!

「まだ東京でしょうもうしてるの?」

 

武器として書く技術270ページ

この本は2013年に発売されており、4年も前の本ですが内容は今でも目からウロコ!まだまだ使える技術です。イケハヤ4年以上も前からこのようなことを意識しながら書いているのだからぼくはどれだけ遅れているんだ!がくぜんとしましたよ。

 

この本の中で特にぼくが刺さったものを紹介します。

記事タイトルを工夫する

あなたの文章を読んでもらえるかどうかは、まずタイトルで判断されます。忙しい消費者の目に留まるためには、記事タイトルでまずその目に引き付ける必要があるのです。目を引くタイトルをつけるときのテクニックをご紹介します。

これを読んだ瞬間自分のブログのタイトルを見直しましたよ。くそつまらんタイトルだと。タイトルは重要であるんですね。

 

さて、どんなタイトルがいいんでしょうか。しっかりとした論があるんです!

①数字を強調する

②役に立つ情報であることを示す

③タイトルはなるべく簡潔に

①については例えば、「できる営業マンだけが客前でやったたった1つのテクニック」「あなたの人生を100%幸せにする3冊の本」・・・。どうですか!イケハヤすごいね。確かに読みたくなるなあ。

②については「役にたちそうだなあ」と思わせるタイトルが重要なんだということです。例えば「営業マンなら知っておきたい仕事に使える心理法則まとめ」「ウエディングプランナーを目指す上で知っておきたい3つのこと」なんて、食いつきよさそうですなあ。

③これはGoogle検索エンジンでは32文字しか表示されないからであり、それ以上は・・・となるからです。32文字以内で魅力的なタイトルを考えてみましょう!

 毎日しっかり発信するぞ!と改めて気合を入れさせていただきました

とまあ、ほんの一部の紹介でしたが目からウロコ情報がたくさん載っています。

ブログを書くということは、なかなか大変だと今40記事程度書いていて思いますが、いつかこのブログが誰かの役に立ちそして、自分の財産にかならずなると信じてこれからもできれば、毎日更新していきたい!!とこの本を読んで思いました。

 

書いて書いて自分を磨きます!以上イケハヤの「武器として書く技術」の紹介でした。

 

 

武器としての書く技術 (中経出版)

武器としての書く技術 (中経出版)