建築現場監督を極める

建築現場監督のためのノウハウブログ。建築技術は永遠に不滅だ。

【独立希望者が読むべき1冊】「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」はすごすぎBy 8冊目

150%の力を出し続ける起業家

ぼくも含めてですが、人はほとんどが、100パーセントの力を出さずに生きていると思います。「今日はめんどくさい」、「家でボーっとしていたい」、「もっと寝ていたい」などなど、まさにぼくです!こうゆうふうなだめだめな所がまだまだある。。。

 

そんななかこの本を読んで人生を150パーセントで生きる起業家がいることを知りました。タイトルは「30歳で400億円の負債を抱えた僕が、もう一度、起業を決意した理由」です。この著者の杉本宏之さんは、本を読むまであまり知りませんでしたが、一度ホリエモンチャンネルで見たことがありました。


堀江貴文のQ&A vol.339〜再出発は簡単!?〜

歳は、僕と同じ世代です。同じ年でこんな凄まじい人生を歩むなんてぼくははまだまだチャレンジが足りないんだなあと思いました。くやしいですが、まだまだ行動がたりてない。

 

この本を読んでいると、経営者が、どのような行動をすれば、どうやって人脈をつくることができるのか、あるいは、どうやって優秀な人材を獲得することができるのかなど、本当に勉強させられる本です。

 

杉本氏は、若くしてこの「エスグランドコーポレーション」という会社を立ち上げて、たった2年足らずで上場させるという偉業を成し遂げます。
彼は、とにかく行動的で、おもいたったらすぐ行動します。

”エスグランドコーポレーションは、ワンルームマンションの販売代理業務からスタートした。今では笑い話だが、渋谷駅から5分ほどの雑居ビルにオフィスを構え、集まった社員とともに「さあスタートだ」という段階になってから自分たちに販売する物件がないことに気づいた。

まずは、やってみる、行動してから考える。

20代半ばの杉本氏は、普通なら遊びたいだろうし時にはのんびりしたいと思います。僕が20代の頃は、某企業にいたわけですが、休日はパチンコや彼女などのんびり過ごしていました。


経営者でも、そうでない人でも、縁は大事だと思います。結局世の中は、人との繋がりです。生きていくためには繋がりがとても大事です。そして、それは辛い時、苦しい時にすごく実感するものです。もちろん楽しむ時もこの人との関係だと思います。

いろんな人に合いいろんなお話をしましょう!


2008年、サブプライムローンによるリーマンブラザーズの破綻

この頃、エスグランドが傾きかけた所にトドメをさします。いけいけで経営を引っ張ってきた杉本氏ですが、いよいよ破綻の時がやってくるのです。
そして、民事再生法の摘要を行い、事実上の倒産です。

ここまで来るまで、それでも諦めない杉本氏にすごく感動しました。債権者への説明会でも、しっかりと説明し、そこに杉本氏を攻める人はいなかったそうです。

いったいどうゆう人なんでしょう・・・。
ユーチューブでホリエモンチャンネルのVOL339~をご覧下さい。これを見たとき、なるほど!とすぐに分かりました。そうです、この人柄にこそなにかやってくれそうだと
皆が感じたんでしょう。ぜひご覧ください。


この本に出てくる、ユニマットの高橋会長の言葉がとても印象的です。この高橋会長は、杉本氏が最後もう倒産まじかの時になんと15億円もの資金援助を行っています。


”逮捕や倒産、闘病は勝負を厭わず生きる男の勲章だというのである。もちろん、逮捕や倒産は社会的に褒められることではない、ただ勝負して究極の状況を体験できた男は
強くなる。そして会長は言います。
「凄いよな、これからの杉本君がたのしみだ」そう言い「次が大事だぞ」と激励してくれました。


これだけの事をしても、次が大事だぞと、次があるんです。人生やり直しがきくんです。次ができるんです。僕はこの言葉すごく感銘を受けました。
皆さんも、なにかやりたくない仕事を無理にやっていたり、嫌々やっているなら勇気をだしてやめちゃいましょう。失うことを恐れてはいけません。

人生に次はあるんです!

こうして、杉本氏は再び起業し成功します。400億円の負債を抱えていてもです。
どうですか?皆さんは、100%生きていますか。150%生きたっていいんですよ。
どうやら、人生というのは一回しか体験できないみたいです。たった1回、死ねばそれでジ・エンドです。誰がどう思おうが、自分は自分です。人生一度150%で行動あるのみ!!

 

追記

日本は、どんなに辛くたって、飢えで死ぬようなことはほどんどありません。例え、事業で失敗したって、自殺しない限り殺されるようなことはありません。

つまり「死ぬことはない」のです。だったら、チャレンジしてしまおうというある人の考えです。これわかりますよね!すごくつらい時、失敗してみんなに迷惑をかけているとき、殺されたりはしません。つらくたって自分を責めてもしかたありません。死ぬわけではない!と考えプラスに行動することです。

これ、最強のまじないだと思いませんか?ぜひこまったら使ってみてください。多少ねなくたって、体が疲れて至って大丈夫!

少しがんばってみたらどうでしょう!以上!!