建築現場監督を極める

建築現場監督のためのノウハウブログ。建築技術は永遠に不滅だ。

【超痛】尿管結石になった時の対処法を教えよう

尿管結石になってもうた話

どうもです。いやー、雪よく降りますなあ。

ぼくの住んでいるところは連日連夜大雪でありまして、毎日雪と格闘しております。はっきり言って、大変です。はあー、またがんばろっ。

 

ところで話は変わり、尿管結石になったことありますか?そもそもご存知でしょうか?尿管結石って。よく言われるのは、「出産の次に痛い!」と言います。それくらい、痛いんです!

って出産すごいなあ、女性の方尊敬します。ほんとに。

で実際、病気として、痛い病気順は次の通りらしいですが。ご紹介します。

1位 くも膜下出血

2位 心筋梗塞

3位  尿管結石

はい!痛いんですよ!

この尿管結石という病気、ぼくは過去に10回やりました!ある今痛い… 。つい先日もやりまして、ここまでやると前兆がわかります!ハハ(汗)!

 最初は下痢と勘違い

 

前兆がわからなかった頃は本当に大変でした。初めてなったのは、大学1年生の時20歳の時です。お腹が痛くて、下痢かと思いトイレにずっと長時間閉じこもっていました。しかし、どんどん痛みは増していく一方で、お腹だけが痛かったのが、ついには背中全体が痛くなってきました。この痛みを例えるならば、誰かにに背中から刺されてえぐられるような感じです。

 

当時一人暮らしだったので、へやで一人もがいていたんですが、いよいよ歩く事さえ出来なくなり、救急車と思ったんですがなかなか、呼ぶ勇気が無く、友達に車で病院まで連れて行ってもらいました。

 

病院に着く頃には、痛みはピークで、のたうちまわっておりました。夜間の救急外来はなかなか混んでまして、すぐにみてもらえないはずなんですが、さすがの状況を見た看護師が優先的に診ていただけるよう配慮してもらいました。

 

この時は、よかったあとは思いましたが、自分がなんの病気かもわからず怖かったですね。

まあ、それくらい痛かったんですよ。どうですか?わかっていただけましたでしょうか。

 

初めての方尿管結石入門

 

病院に行って何をされるか。

実はレントゲン撮って、後は痛み止め注射をお尻に打つだけ。それだけなんです。あとは自力で尿管に詰まった石を出すだけなんです。

では、出す方法はといいますと、排尿量を多くして、つまりしっこを頻繁に行うことです。だからひたすら水を飲むだけ!

痛みは尿管にあるとき

痛みは腎臓から尿管に入ったときが痛くて、尿管から膀胱に落ちた時は、痛みは和らぎます。たしかに膀胱の中に石があると違和感はありますが、(残尿感のような)痛くはありません。だから、ぼくは石が膀胱におちたとき「よし!おちた!」と一人で喜ぶくらいです。

 

尿管結石かなあと思ったとき

ぼくは尿管結石かなと疑いだしたらまず、グーで腰をたたきます。そこで腰全体に痛みが響いたときは、もう黒です。そうでなかったら、下痢か何かなんです。初期症状は下痢とほんとによく似てるんです。

 

そこで黒だったり、もう痛み止めをけつから入れます。座薬の「アデフロック」というものです。これは尿管結石になったとき病院でもらっていたものが常に冷蔵庫にあるのでそれを打ちます。時間をおいて2本は打ちます。それくらい打たないと効き目がないんですよ。

 

あとは、ひたすら水を飲む。3リットルくらいは飲んだほうがいいです。そして、寝ておかない、つらいけど動き続けることです。動き続けることで、石が下へ下へ動きますので。

軟水を飲む

普段から気をつけていることは、軟水を飲むことです。硬水はカルシウムやナトリウム石灰成分を多く含んでいるので、石がたまりやすいのです。

家には軟水に変える装置までつけたほどです。

 

 

 というわけで、もし尿管結石になってしまった人はこれを参考にしてください。

それでは!!