読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Go!40

40歳を迎える来年8月までにさらに加速化!30代は2度と戻ってこない。今、40歳になるために基礎をしっかり固め、やりたいことを全てやりつくし、40代を謳歌したい。

本が頭に入らない!どうしたらいいんだ!

読書は好きだ。読書の良いところは、頭を使うこと。

特に小説を読んでいると、登場人物を覚えなければいけないし、状況やいろんな情報を頭で整理しながら読まなければならない。

テレビは、映像と音が同時に情報が入ってくるのであまり考えなくてもすむ。そのため楽であるため、脳がきもちよくなりその状態を保ちたくなる。つまり、テレビを見ていては脳が思考停止状態だということだ。

 

本をよむときは家で読むこともいいが、環境を変えることも大事だ。

環境を変えると、頭に入りやすい。

 

環境を変えるといい理由は

 

環境がこうだったとしよう。テレビを常時つけている家で

、常に晩酌がでる。つまり環境がこうだとなかなか本を読む習慣も身に付かない。

例えば、今住んでいる場所が六本木だったとしよう。右も左も飲み屋やにおいしい料理店ばかりだ。こんな環境では勉強もできない。

例えば、カリフォルニア大学生で図書館にいつも通えるかんきょうにいたとしたらどうだろう。言うまでもない。

 

環境を変えることがとても重要であるといいうことが分かっていただけただろうか。

 

ちなみに僕は子どもを連れて喫茶店に本を持ってよく行く。子どもにはクリームソーダを食べさせていて自分は本を読む。これがなかなか頭に入ってくるし集中してよめるよいうものだ。

おすすめする。