建築現場監督を極める

建築現場監督のためのノウハウブログ。建築技術は永遠に不滅だ。

逃げるなよ!責任を持てよ!

 

f:id:akitani0828:20170806074847j:image

 

こんにちは。

 

最近の、若いのは!ゆとり世代は!自己主張だけはりっぱだな!

…なんて、思ってないですか?まぁ僕から言わしたら、ほんと自己主張だけは強いですね。言葉と行動が伴っていない若い者が多いのかなあと感じます。そんなこと言っても始まらないので今日はですね、「逃げるなよ!責任持ってよ!現場でやることが山ほどあるんだ!」と言うお話をしたいと思います。

 

まず、現場監督は本当に辛いです。職人さんは自分の熱意で持って動かさなければいけないですし現場を理解していなければいけない当然ですが、なかなか新人の頃はそれができないんですよ。

 

だからといって怒られるのは嫌だ、失敗したくない、なんて思ったいけません。わからないのは当然です。だから現場終わってから勉強してそして常に図面を手に持っていつも質問されることに答えるように準備をしておこう。それもしないで質問されることを恐れ失敗を恐れ現場にないなんて論外なんです。

 

この現場は自分の現場なんだ、自分の責任で動いていくんだ、と言う気持ちがなければいつもいつも他人のせいにして上司のせいにして自分はこうなんだと言う言い訳がましい自己主張しかできないそんな大人になっちゃいますよいいんですか? 

 

失敗したって言う。責任を持って行動しましょう。失敗なんて致命的な失敗をしなければ大した事はありません。何言われても気にせず行動しましょう。自分にとって現場の価値観を磨きましょう。価値観を磨くためには行動して怒られてそしてそれは違うんだなと言うことを経験し自分自分の中で修正し、そしてまた行動していくことが価値観を磨くことです。価値観とは「何が大事で何が大事じゃないかと言う自分の中の優先順位をしっかり磨くことです」

 

最後になりますが、現場から逃げてはいけません。辛いきついなんて感情に流され大事な大切な経験を積むことを恐れてはいけません。

 

この経験が5年10年ですごく磨かれます。そして責任を持って行動しみんなに信頼されるようになるんですよ。がんばりましょう!