建築現場監督を極める

建築現場監督のためのノウハウブログ。建築技術は永遠に不滅だ。

安くしろだの、値引きなの無視しろ

f:id:akitani0828:20170807155200j:image

 

こんにちは。

今回は、「安くしろだの値引きしろだの無視しろ!」と言うお話をしたいと思います。まず値引き交渉するやつも完全に無視してください。と言われましても、なかなか無視できないのが現状です。じゃあどうすればいいかと言う事なんですが、あらかじめ実行予算を組み粗利を計算してください。そして最提言の粗利+ α 5%ぐらい上乗せした見積もりを提出してください。そこで高いと言われるかもしれませんし、また言われないかもしれません万が一交渉に入ってきたらこの5%を絶対に切らないところまで下げると言うパフォーマンスをするといいと思います。

 

これができれば良いのですが、娘に流され最低粗利を下回ると言う契約を結んだ場合致命的なミスになると思います。なぜなら…。

 

実は先日、私の知り合いの工務店が倒産しました。年間受注が 60もあったにもかかわらず、薄利多売といったハウスメーカーのようなことをしていたので、結果的に粗利も確保できないような現場がありました。その積み重ねにより何十年と経ち結果的には潰れてしまったのです。

 

値引きまたは安くするなど簡単に行動できることへ行ってしまった結果がこれです。

 

これだったらまだ無視して嫌われ契約破棄された方がマシです。潰れてしまえば元も子もありません。昔金だけが残り経営者として最悪の人生を送ることになります。

 

いいですか? 値引きは無視してくださいもし無視できないければ最低限の粗利をしっかり計算してしっかりもっててください。それから交渉に入りましょう必ずこの手順を実行してください以上です。