ライフ-レコード

私のライフをただ記録していくブログです。この中からなにか一つでもお役に立てれば光栄です!3回に1回の更新を目指します!

収まり?施工図?なんじゃそりゃ!

f:id:akitani0828:20170810142948j:image

こんにちは。今回は「おさまり、施工図、なんじゃそりゃ!」と言うお話をしたいと思います。建築では非常に重要な監督の仕事があります。この収まりというのはとても難しくたくさんの経験をしてないとぱっと聞かれたとき答えられません。経験がないからこそ施工図というものを書く必要があります。施工図を書いてないと答えられなく、現場からも見放された監督となってしまいます。

 

施工図と言うのは設計図ではわからない説明書と組立図のようなものであります。

 

設計図の中には確かに納まり図のように質の高いものありますが、ほとんどは収まりがよくわからない最終的にどうしたらいいんだと言う図面ばかりです。何故かと言うと設計士はとんどが現場を知らずにただ図面を描いているという人が多いからです。それは仕方ない話でありまして、かれらの仕事は図面を描いて材料を拾い出して金額を出すどのような材料を使うということが主であり収まりがどうであろうと知ったこっちゃありません。

 

施工図を書くためにはテクニックが必要ではあるんですが、テクニックだけではいけません。それはやはり現場へでなければわからないことがたくさんありますだから現場に出ろと言う話なんです。

 

例えば公共の建物を見るとします。「この辺どうやって収めているんだろう?開口部こんな感じに収まっているな。これはいいアイディアだな」ということが建物からたくさん見えてきます。

 

古い家なんか面白いかもしれません。昔の下はこんな風に収めたんだなということがわかったりしますまた、なんて雑な大工さんだな性格がそうなんだろうなと言ったことも見えてきて結構面白いですよ。時間があったらいろんな建物の収まりを見たらいいと思います。