現場監督主義

現役の現場監督が現場での出来事、施工図について、安全について、またニュースや気になったことなどアップするブログです。

現場監督がブラックだと思ったら田舎の工務店へ転職しよう

 

 

現場監督してたらブラックだったので田舎の工務店へ転職したらホワイトだったというお話をしたいと思います。 一番の不安は、「今いる職場は確かにブラックだけど、転職したら結局ブラックだったら、今ある仕事を手放してゼロからスタートするのもどうかな」という不安だと思います。 どうせ転職するならホワイトな企業のほうがいいですよね。 結論から言うと、もし本当にホワイト企業に入りたいのなら、地方へ行くことをおすすめします。 地方、まあ田舎へ行けば行くほどホワイトですよ。 僕は、新卒時大阪で働いていましたが、本当にブラック企業でした。でも、いろいろ聞くとまあ都会でのブラックは結構当たり前で、ものすごく珍しいことではないようです。 しかし!田舎は違いますよ! なんといっても残業がない!19時に帰ることは残業とは言えませんが、田舎ではりっぱな残業です。はい。 本当いなかいいですよ!

結構な割合で17時に帰れる

僕が転職した会社は、超ド田舎の本当に日本の風景(田んぼに山に海にみたいな)がある会社です。 入って数日経っても、残業する人がいないんですよ! 18時には誰も事務所にはいなくなる!そんな会社です。 これって、この会社大丈夫なの?っと思ってましたが、仕事は結構ある、まあ暇なときは暇ですが、忙しい時は忙しいんです。でも、早く帰ることができる理由は、社風であり田舎の特徴であり、要は早く帰りたいという意識があるということです。なぜ、早く帰りたいのかというと、田舎というのは仕事以外にやらなければならないことが結構あるんです! 例えば、地域の寄り合いだとか、地域の祭りの打ち合わせや練習だとか、消防団だとか、結局上司がそういった役員になっているので、上司自体が17時に帰っちゃいます。早く帰って飯食って会議に行く。 何もない日は家族サービスをしっかりとする。 という意識が高いのです。だから、だらだら仕事なんてしません。やること決めたらパッとやってサッと帰るんですよ! 日本の地方は結構そのような所が多いです。のんびりと仕事をするイメージあったんではないでしょうか?ちがうんですよ! 都会の大企業に働いてる人こそだらだらと仕事してませんか?

好きなことができるよ!例えば彼女作るとか

17時に自宅へ帰ってなにしよう? となんとも幸せな悩みでしょうか。本当にそうなんですよね! 帰って何しよう。大阪でバリバリ夜遅くまで働いて帰って寝て、起きて会社行ってという生活をしていたので、趣味という趣味もなく彼女も作れず、過ごしてくると、空いた時間になにしていいかわからないんですよ。

 

僕は、田舎で働いてまず何をしたかというと、仕事おわってからの時間の充実を目指し、彼女を作りました! 彼女なんて学生依頼で、仕事への充実感も本当に代わってきます。自分のために仕事をするですが、彼女のため、将来のため仕事をがんばらないとというモチベーションアップにも繋がります。

読書という趣味をつくった

読書なんて、生まれてこのかたしたことないとまでは言いませんが、それこそ小学校の時以来くらい、本をまともに読む習慣なんてありませんでした。字を読めば眠くなる体質なので本なんて、本当に興味ある雑誌以外は全く読もうとも思いませんでしたが、さすがに時間があるので、本を読むという趣味をつくりました。 ビジネス書を基本に、読み出しましたが、これが結構面白いんですね。自己啓発系はたくさん読みましたね。

この本は、はじめてしっかりと読んだ本です。今でも、たまに読みますが、時間の使い方、勉強を日々続ける大切さ、学びましたね。でも、一冊読むのに1ヶ月くらいかかりました。それくらい、読むのが遅かった。今なら、数時間あれば読みきれますが!   以上、田舎で働くと本当にいいことばかりです。 あ!もう一ついいことありました! お金をあまり使わないのでお金が貯まる!   田舎への転職考えましょう!!