現場監督主義

現役の現場監督が現場での出来事、施工図について、安全について、またニュースや気になったことなどアップするブログです。

現場監督やめたい!?じゃあ、エンジニアになっちゃいなよ!

無資格の人は勉強してエンジニアになろう

もし、君が今転職したくて悩んでて、しかも資格がないのであれば、迷わずエンジニアになろう! エンジニアは難しくない。コード(プログラミング言語)を覚えなくても、今はだれでも根気があればできる時代です。 パソコンで、よりいいシステムを構築でして、それを提供するエンジニアになろう! 今は資格があったって、いい仕事につけるとは限りませんぞ!エンジニアという道も視野に入れてください。 IT・Web・ゲーム業界のエンジニア転職 エンジニアとは、プログラミングをする人のこと。 つまり、webエンジニアであります。 なんで、今エンジニアなの?って聞こえてきますが、今日本ではエンジニアが不足していて、今後さらに人材不足に陥る可能性があります。 今後は、サービスの向上化、ロボット化、WEB(インターネット)のますますの活用、などなどそちらへとどんどんシフトチェンジしていってます。 今までの日本の働き方は「ものづくり」主体でありました。 車づくり、機械づくり、工場。。。ものを作ることで、それを売って利益を得るという単純な社会。いいものをより安く提供する。 が、しかし!今やそんな時代はもう終わりに近ずいております。 今は、そして今後は、サービスを提供する時代。しかも、効率的なよりいいシステムを売る時代。 なぜ、それが売れるのか? 職場を見渡してみて、若い人が少なくないですか?年上がやたら多い。つまり、今後は働く人口が益々減少していくのです。 今までは、3人で1つのプロジェクトを行っていたとしましょう。これからは、その同じ仕事量を1人でこなさなければならない時代に突入するのです。そうなってくると、何が必要か? そうですね。新しい技術、効率よく働くシステム、人に変わるロボットなどです。 そして、それらを作る、管理する、維持する人たちがこれから必要となってくるのです。それらの仕事をする人がつまりエンジニアなんですね。 お解りいただけましたか?

3ヶ月間のプログラミングスクール【Tech Boost】 何事も100日続けよう 今まで、なんだかんだで、国家資格をもってます。 その資格勉強に費やした時間を後から思い返すと、だいたいが100日で合格へとなってるんです。 人間、この100日が続かないんですよね。ほとんどの人が挫折してします。 だけど、考えみてください!挫折しながら、なんとか100日間続けていった人が結局は合格するんです。 辛くても、やりたくなくても、やると決めたら最後までやる!やり通す! それが、なんにしても、成功するにしても大事なことなんです!