施工図の描き方の本はこれだ。独自ではないんだぞ。

 

f:id:akitani0828:20210917201712j:plain

こんにちは。今回は「施工図の描き方はこれだ。独自ではないんだぞ」というお話をしたいと思います。

この記事を読めば、

「施工図はどうやって描いたらいいの?」

「どのように勉強したらいいの?」

「独自のルールで描いたらいいの?」

とうお悩みを解決いたします!ぜひ読んでくださいね!

 

まず、第一前提として施工図には描き方があります。独自のルール自分勝手に描き、職人が分かればいいというわけでもありません。しっかりとした決まった表現があるのです。

何度もいうようですが、施工図でも、施工のやり方でも、どんなことでも先人がやってきたことを素直にうけいれましょう。特に施工図の描き方なんかはたくさんの本がでていますから、それを購入して勉強すればいいだけです。

 

僕なんかは、施工図を描くのが超めんどくさいので、類似の施工現場があれば、知り合いにたのんだりして、その施工図のデータ自体を手に入れます。それをパクリ、その現場に合わせて修正するばいいだけですから。

 

 

 

 

blog.book1ban.net

 

 

このように、現場監督なんて所詮一から作り上げていくわけでなく、先人がたくさん行っていることをパクリアレンジすればいいだけです。

それを、着工時と竣工時はやることがたくさんありすぎて、現場監督は激務だ!

 

blog.book1ban.net

 

なんて言っているヘボ監督にはならないでください。

施工計画書にせよ、安全管理書類にせよ、過去だれかがやったこと、書類などパクリアレンジすればいいだけで、つまり作業にすぎないんです。

 

工程にしたって、作業手順にしたって、やることは決まっています。決まっていることを共有するために、事前打ち合わせをして、決めていくだけなんです。

激務でも何でもない、作業がきついだけで、クリエイターや企画を考える人、商品を考える人、イベント会社などに比べれば産みの苦しみは皆無です!!という僕の経験談ですが異論がある人は、是非お待ちしてます。

 

まあ、はなしはそれましたが、施工図は本を購入し勉強してください。しっかり決まりがありますから。

施工図の基本

f:id:akitani0828:20210917202000j:plain

 この「施工図の基本-描き方・読み方の手引き」は、仮説計画図からあります。とても実戦向きで、2004年だからといって古いと思わないでください。施工図なんて昔から変わってませんから。先人にしっかりと学びましょう。

建築施工図の基本―描き方・読み方の手引き

建築施工図の基本―描き方・読み方の手引き

 

 

 千地区施工図作成手順と技法

 

 この本は役立ちます。というよりこの本を手放せません。新人当時は先輩にもらい、この本を見ながら、ドアまわりの施工図、天井伏図など描きました。そのまま描くだけでいいんです。たくさんたくさん描いてください。超良書であります!

 

建築施工図 作成の手順と技法

建築施工図 作成の手順と技法

 

 

 住宅設計詳細図集

現在は住宅関係の新築やリフォームが多く、この詳細図集が手放せません。特に新人くんにおすすめで、とてもわかりやすく、この本の目的「本書が建築を愛する人々や若い建築家の手元におかれその一助となれば幸いである」というように、わかりやすく、理解しやすいようにさまざまな工夫があります。是非購入して勉強してください。

珠玉のディテール満載 住宅設計詳細図集

珠玉のディテール満載 住宅設計詳細図集

 

 

以上3つ紹介しました。まだまだたくさんありますが、まずはこの3つを購入して勉強してください。

 

 

blog.book1ban.net

まとめ

f:id:akitani0828:20210917202316j:plain

いかがでしたか?

施工図描き方のルールがありますので、本を勉強して覚えましょう。

また、施工図の目的をしっかりと理解することです。施工図を描く理由としては、現場をスムーズに進めるためのもの。職人が理解をし、その図面にそって進めていくためのものです。

設計図だけでは、細かい数値ややり方など、ひとそれぞれで読み取り進めていく可能背があります。また、設計者の意図も、もっと細かい部分で、表現されていない可能性もありのです。

現場監督はそういったものをしっかりと汲み取り、施工図として、皆がわかりやすいように描く、いわば指示書とか説明書のようなものです。

そして、決まった表現を使うことで、双方がより理解しやすくなります。

なので、めんどくさがらず、施工図をしっかりと勉強して、実践に役に立ててくださいね!