現場監督主義

現役の現場監督が現場での出来事、施工図について、安全について、またニュースや気になったことなどアップするブログです。

建築士の勉強方法はたくさんあるけど、準備しっかりしてますか!?

 

どうもです!現場監督頑張ってますか-?日々あきらめずに、やれることに集中しましょう!!

 

んで僕はと言いますと…今猛烈に忙しいっすΣ(゚д゚lll)

でも、忙しいから頑張れる…当然残業なんてしませんけど!!残業なんてやってられっか-!!家帰ってやるわい!

というわけで自宅PCで子どもたちを寝かせてから、お仕事しました。

会社で残業するよりはよっぽどましです!

建築士の勉強方法ばっかり追求しないこと

では、本題です。今回はといいますと、最近思っていることで資格について、準備をしっかりしなければ受かりませんよというお話です。

さて、この時期で次回建築士の試験日程は2019年7月ということで、まだまだ10ヶ月程度もあります。そんな中どうやって勉強したらいいかたくさんの手法から選んでいくわけですが、やり方や手法ばかり気にすることは今の時期大事ではありません。

どういうことかというと、やり方や手法に拘わり調べ、いざ決めたとしても長続きしなければ意味がない。継続は力なりと昔からよく言われますが、継続しなくては力はつきません。当然合格もしません。

 

だから、この時期は、じっくりとモチベーションをあげていく時間だと思います。

今闇雲に、勉強を始めるよりも、心の準備が大事ではないでしょうか。

 

当然、早く始めるに越したことはないですが、続かなければねえ。

 

んで、ここで僕のおすすめ勉強方法は、

 

今から、製図試験の勉強をする!

です。なにいってんだ!?馬鹿なのか?とお思いかもしれませんが、図面を見るとこうやって描くのかとか、このような細かいところはどういったところだ?

と興味が沸いてくるんです。興味がわけば当然、理想が生まれ、こうなりたいとなるんですよ。

それに、製図をモノにするには時間がかかります。製図は記憶ではなく、訓練であり、身体に染み込ませるものです。

今のうち、見るだけでもオススメです。

 

また、この本もオススメです。この時期にぴったりの本。今からモチベーションの準備が必要です。継続は力なりです!