現場監督主義

現役の現場監督が現場での出来事、施工図について、安全について、またニュースや気になったことなどアップするブログです。

建築施工管理技士って何? 資格を取るメリットは?

f:id:akitani0828:20181015163817j:plain

どうもです!

建築施工管理技士の資格もってますか!?これから、需要はますます高まりますぞ。今回この施工管理技士についてお話したいと思います。

建築業界に携わる人ならば、誰もが耳にしたことのある「建築施工管理技士」という資格。
ですが、その内容までは知っている人は少ないのではないでしょうか?
今回は、建築施工管理技士の概要や、資格を取るメリットについてお教えします!!

 

建築施行管理技士とは?

f:id:akitani0828:20181015164042j:plain


国土交通省が管轄する、施工管理技士国家資格のうちの1つです。
これは建設業法第27条の2に基づき実施されている資格で、1級建築施工管理技士、2級建築施工管理技士に大きく分けられています。
とくに1級建築施工管理技士になると、営業所ごとに置く専任の技術者、並びに建設工事の現場に置く主任技術者及び監理技術者の有資格者として認められます。

建築施工管理技士の試験科目

f:id:akitani0828:20181015164232j:plain


1級・2級建築施工管理技士には、それぞれ学科試験と実地試験があります。学科・実地の両方に合格することで、建築施工管理技士の資格が与えられます。

2級は学科試験において建築、躯体、仕上げのいずれかを選択します。実地においても、建築を選択すると施工管理法、躯体では躯体施工管理法、仕上げを選ぶと仕上げ施工管理者法が出題されます。
1級は学科試験において建築学環境工学、各種構造、構造力学、施工共通、躯体工事、建築材料、仕上げ工事)、施工管理法、法規があります。実地試験においても、全問記述式の施工管理法についての問題が出題されます。


一級建築士との違い

f:id:akitani0828:20181015164224j:plain

 


1級建築施工管理技士とよく比較されるのが、一級建築士です。
確かに、両方とも建築に関するスペシャリストに与えられる資格ですが、それぞれカバーしている分野に大きな違いがあります。
一級建築士は、建築学全般を広く扱う資格です。近年では、設計分野に重点を置く資格体系になってきましたが、やはり学問としての資格という色が強いです。
対して、1級建築施工管理技士は、施工過程における施工計画、行程管理、品質管理、安全管理に重点を置いています。
また、多数の分野がある建築業界では、設計、施工管理それぞれのカテゴリーで多くの人員を必要とします。ゼネコンにおいては、一級建築士は設計監理のエキスパート、1級建築施工管理技士は、施工管理のエキスパートとしてそれぞれ認識されています。
同じ一級と名前がつく資格でも、管轄する分野に違いがあるのです。


建築施工管理技士の資格を取るメリット

f:id:akitani0828:20181015164317j:plain


建築施工管理技士になることで、以下のようなメリットが見込めます。

社内評価アップ、昇給や昇進のキャリアアップにつながる
建設業界における 一級建築施工管理技士に対する評価は極めて高いです。特に実地試験については、一級建築士の資格も持っていなければ受験資格がありません。
また、資格手当といった給与面での優遇や、昇進といったステップアップにもつながります。

 

主任技術者・監理技術者になれる

 

blog.book1ban.net

 


一級建築施工管理技士は、営業所ごとに置かなければならない専任の技術者並びに工事現場ごとに置く必要がある主任技術者又は監理技術者となることが認められています。

転職に有利
現在、建設業界には一級建築施工管理技士が不足しています。そのため、有資格者はどの企業にとっても欲しい人材です。とくに、最近ではこの資格を持っている団塊の世代が退職。年齢に関わらず、所持していれば転職に有利になるでしょう。


キャリアアップのために「建築施工管理技士」を取ろう!

 

f:id:akitani0828:20181015164536j:plain

以上より、建築施工管理技士になることで職業選択の幅が広がり、建設工事の現場でキーマンとして活躍することができます。
近い将来、キャリアアップを狙いたい方はぜひ持っておきたい資格ですよね。
決して簡単な資格ではありませんが、働きながら独学での合格者もいます。
学科試験は例年6月、年に一度しかチャンスがありません。そのため、計画的に勉強していく必要がありますが、挑戦してみる価値は大いにあるでしょう。