現場監督主義

現役の現場監督が現場での出来事、施工図について、安全について、またニュースや気になったことなどアップするブログです。

一級建築施工管理技士がいよいよ今週だ!2次試験突破方法!

1級建築施工管理技士の突破法

f:id:akitani0828:20191014210242j:plain

どうもこんにちは!

いよいよ今週日曜日、1級建築施工管理技士の実地試験が実施されますね。

この3連休、受験生の皆さん、しっかりと追い込み、確認、または最終詰込み終えましたか?ないても笑っても、あと6日!しっかり悔いの残らないよ追い込みましょう!

そして、今年合格しましょうよ!

 

僕は過去に1級建築施工管理技士の資格試験を受験し、一年目学科試験合格。2年目実地試験合格。

というように、2か年計画で行いましたが、はっきり言って1年目で決めてくださいね。

どうやら、1年目のほうが採点もあまいとか、そうじゃないとか。まあ、的確な回答ができるようにすることです。

 

よし!!それでは、本題!

今回はそんな私の個人的な勉強法をあなた様が希望である一級建築施工管理技士2次試験に活かせるようお伝えしたいと思います。

 

①暗記を極力しない。

 

勉強をするというと一般的にすぐあげられるのがこの暗記です。

ですが、私は暗記をおすすめしません。

というのも、暗記というのは忘れるとか忘れないとかの次元ですよね。

これは頭に原理原則(理論、そのものの考え方)が正しく理解されて入っていない状態です。

非常に効率も悪く、正答率も安定しません。

要は無駄がかなり多い勉強ということですね。

原理原則を理解すると暗記などしなくても、内容についての正しい考え方を持てるわけなので、忘れる忘れないという次元の勉強から脱出できます。

なので、ひとつひとつの項目に時間がかかったとしても、「なぜ?どうして?」の視点を持ち考えた上で解説を読み、理解を深めるということがかなり大事です。

この勉強法を自分の中で確立していけると、かなり前にやった内容でも頭に入っています。

なぜなら忘れる忘れないという次元の勉強をやめたからですね。


②ひとつの問題を穴が開くほど解く。

これも勉強をするとなったらかなりやりがちな人が多いのですが、過去問を端から端まで全部解くという勉強法です。

もちろんやって悪いことではありません。

ですが、試験に合格する!というのが目的だとしたときに、果たして過去問を端から端まで解くというのは効率がいい方法なのか?というお話です。

先ほどの①の方法で正しくインプットをしたあとに、インプットをした項目の問題を解きアウトプットしていくわけですが...

インプット→アウトプット、インプット→アウトプットといったように一項目インプットするごとにアウトプットしていきますよね。

このアウトプットをしたときに間違えた問題を内容別でファイルでも何でもいいのでまとめておきます。

そしてすべての項目に対してインプット→アウトプットが終了したとき、基本的にはこのファイルがたまっているはずなので、まずは間違えた項目に対して①の方法でひたすらインプットを行っていきます。

ここでのインプットはかなり大事なので時間をかけても全然大丈夫です。

そしてまたインプット→アウトプットをしていくわけですが、ひたすらに解く問題というのはここで間違えた問題に対してのみ行ってください。

先ほども言ったように、暗記だと忘れる忘れないといった次元なので、すべての問題を均等に解いてテストをしていく必要があるのですが、そんな勉強法はしていないので、再度すべての問題を解くという無駄な勉強をする必要はありません。

ここまでの内容を徹底的に行っていけば、私の塾講師時代の体感ですが、かなり正答率も上がっております。

これは会計士試験でも看護師試験でも一級建築施工管理技士試験でも、内容を問わず共通して行える勉強法だと思います。

余談ですが、大体どんな資格でも二級まではがむしゃらにやれば受かるんですけど、一級はそうはいかないんですよね...なので勉強法の基礎を上記のものに確立することが大事だと思います。

③一級建築施工管理技士2次試験について

この試験には上記の勉強法がかなり効きます。

というのも記述問題がかなりの勢いで襲い掛かってきます。

過去問にないものばかり出てきて焦ったなんていう方の声も少なくありません。

ということは、暗記なんてしていては合格はかなり厳しいですよね。

覚えていたところで、でてこないわけですから。

では、なぜ合格者がいるのかといわれれば、当然ですが原理原則を理解しているからなんですよね。

なので、残された時間、過去問をひたすらに解きまくるよりはインプットを正しく行い、回答になれていくために過去問を利用するといった勉強法を行うことが私のおすすめです。

上記の方法で勉強を行っていると、自分なりに要点など見えてくると思うので、そちらをまとめて毎日新聞感覚でさらっと読む習慣をつけるのもおすすめです。

ぜひ、合格へ向けてがんばってください!応援しております!

 

なにはともあれ、自分をおいこでくささい!

まだまだ6日間もあるんですから。

睡眠時間を多少削ってでも、やれるだけ、やることです。

がんばってください!

それでは!シーユーアゲイン!!

 

 

1級建築施工管理技術検定実地試験問題解説集《2019年版》

1級建築施工管理技術検定実地試験問題解説集《2019年版》

 

 

 

1級建築施工管理技士 実地試験問題解説集

1級建築施工管理技士 実地試験問題解説集