2級建築士の製図課題が発表!令和2年度は「シェアハウスを併設した高齢者夫婦の住まい」です

f:id:akitani0828:20200614114714j:plain

どうもこんにちは!

いよいよ、令和2年度2級建築士の製図設計課題が発表されました。

「シェアハウスを併設した高齢者夫婦の住まい」ということです。

 

近年は、バイアフリー住宅が基本になってきてますので、驚くような課題内容ではありません。が、しかし!

シェアハウスっていうのは、はじめてではないでしょうか!子ども部屋ではなく、大人の寝室が複数増える。水回りが複数増えるなど、たくさんの知識が必要になってきますね。

とはいえ、しっかりと勉強してれば大丈夫だろう!!というイメージです。

 

また、もう一つ、注目されるのは、要求図書についてですね。

近年は「部分詳細図」が主流になっていて、断面図とセットでしたが、今年は、また以前のように戻って、

「矩計図」

となりましたね。平成25年以来の5年ぶりです。

しっかり矩計を勉強しなければいけませんし、勉強の対策としては、搾りやすくやりやすくなって印象です。

しかし、ライバルも同じなので、記入漏れなど内容に完ぺきにしあげたいですね。

 

考えられるキーワードとしては、

車いす

・エレベーター

・多目的トイレ

・スロープ

・玄関のバリアフリー

・広いお風呂

・皆が集う広いホール 交流の場など

・複数のアプローチ

といった感じだと思います。

しっかりと対策したいですね。

 

いずれにしましても、今の時期は、対策が各学校から出るまでは、ひたすら、作図のスピードをあげることに専念しましょう。

 

また、矩計図の練習も今のうちにはじめてみるのもいいかもしれませんね。

 

それでは!!

 

blog.book1ban.net

 

 

blog.book1ban.net