二級建築士の就職先にはどんなところがあるの?

f:id:akitani0828:20210614222231j:plain

二級建築士の資格は、戸建て住宅などの一般住宅を設計や工事監理を行うことができる国家資格です。

 

建築業界では比較的重宝される資格なので、取得しておくと安定した暮らしができる可能性が高くなるはずです。

 

しかし、実際に二級建築士を取得した人達は、意外と建築関連以外の企業に就職することが多いと言われています。

 

いったいなぜそのようなことが起こるのでしょうか?

 

この記事では、そんな「二級建築士の就職先」について解説していきたいと思います。

 

具体的な二級建築士の就職先

それでは、ここからは具体的な二級建築士の就職先候補を挙げていきましょう。

 

ハウスメーカー

ハウスメーカーとは、自社で生産設備を持っていて、建築資材を規格化し大量生産を行い全国的に住宅販売を展開している企業の事を指します。

 

積水ハウス」や「大和ハウス」「へーベルハウス」、「ミサワホーム」「タマホーム」などは非常に有名ですよね。

 

二級建築士は、こういった有名なハウスメーカーはもちろん、全国各地にあるハウスメーカーに就職することが多くなります。

 

新卒で入社した場合、年収ではおよそ300万円~350万円程度となり、二級建築士と言えどもそれほど高い年収を得られないということがわかります。

工務店

工務店とは、基本的に特定の地域に特化した住宅販売企業であることが多いのですが、中には全国展開している企業も存在します。

 

仕事内容などはハウスメーカーとあまり変わりありませんが、その事業規模の小ささから若干ハウスメーカーよりも年収が安くなる傾向にあります。

設計事務所

設計事務所とは、オリジナリティー溢れる住宅の設計を担当する会社のことで、個人の建築家が独立して経営している場合や複数の建築家が共同で経営する会社などがあります。

 

ハウスメーカー工務店とは違い、住宅のデザイン性、快適さなどを高めた設計力が必要になります。

 

年収でいうと、350万円~400万円程度とハウスメーカー工務店に比べると高い収入を得ることができます。

④大手ゼネコン

大手ゼネコンとは、「ゼネラルコントラクター」の略で、総合建設業者の事を指します。

 

鹿島建設」「清水建設」「大成建設」「大林組」などが大手ゼネコンと呼ばれたりしています。

 

ハウスメーカー工務店などと違い、「研究部門」があることも特徴の一つと言えます。

 

給与水準は高めになっており、新卒では350万円~400万円程度を得ることができます。

 

 

見出し:建築関連会社以外への就職をする人も意外と多い

 

ここまで解説してきた通り、二級建築士を有する新卒での就職は基本的に設計関連の仕事に就ける場合が多いのですが、新卒ではなく中途採用などの時は二級建築士の資格を持っていても「住宅販売の営業」を担当させられたりすることもあったりします。

 

また、建築関連会社ではなく、不動産関連の仕事に就いている人もいます。

 

これは、二級建築士という資格だけではなく、実際の設計の経験値を30歳くらいまでに積み上げておくことが重要であることの証明とも言えるかもしれません。

 

簡単な図面修正やトレースレベルのスキルなどの「アシスタントレベル」では、30歳を超えてからのキャリアアップはかなり難しくなるのです。

 

資格だけでなくしっかりとそういった確かなスキルと経験値を積み上げていくことができれば、年収を600万円~800万円程度まで上げていくことも可能ですし、将来的に一級建築士の資格を取得して更に年収を上げることも可能になっていきます。

 

しかし、前記したように30歳を超えてもアシスタントレベルの業務しかできないようだと、いつまでも年収額が上がらず、同業種への転職も厳しくなってしまうのです。

まとめ

今回は、二級建築士の就職先について解説してきました。

 

ハウスメーカー

 

工務店

 

設計事務所

 

・大手ゼネコン

 

二級建築士を有する新卒の就職先としては、これらの選択肢が挙げられます。

 

しかし、転職などの場合では、資格だけでなく確かなスキルと経験がなければ設計以外の業種でなければ転職できないケースもあるようです。

 

二級建築士を目指す場合は、資格取得がゴールではなくスタートであるという意識が必要だと言えるかもしれません。