二級建築士の資格を活かして副業収入を得る方法

f:id:akitani0828:20210630212605j:plain



建築業界で働く上で重宝する「二級建築士」の国家資格ですが、資格を取得できたからと言って100%仕事に活かせるとは限りません。

 

もちろん無資格者よりは重宝されますが、大手ゼネコンやある程度の規模の設計事務所では「一級建築士」が多いので、二級建築士の資格が武器にならないこともあります。

 

また、建築業界に就職したとしても、二級建築士を活かせるような部署に配属されないケースもあります。

 

しかし、この不景気な世の中において、二級建築士の資格を持っていれば最高の副業収入を得ることが可能です。

 

この記事では、そんな「二級建築士の資格を活かして副業収入を得る方法」について解説していきたいと思います。

 

副業収入を得るメリット

日本政府が推奨する「働き方改革」によって、多くの企業が副業を解禁するようになってきました。

 

現在の日本では、元々の不景気に加え新型コロナウイルスの影響によって多くの人が職を失ったり大きく収入を減らしています。

 

しかし、副業で月に数万円~10万円程度でも稼ぐことができれば、なんとか生活に困らない程度の収入を確保することが可能である人も多いでしょう。

 

特に在宅でできる副業は非常におすすめです。

 

帰宅後や休日に家で自分のペースで働くことが出来るので、体力的にも精神的にも大きな負担にならずに収入を得ることが出来ます。

 

特に特定の資格やスキルを持っている人は、積極的に副業をするべきだと言えます。

 

「ランサーズ」や「クラウドワークス」「ココナラ」といったクラウドソーシングサイトを利用すれば、比較的容易に案件の受注も行うことが出来るのです。

 

 

見出し:二級建築士の資格があればクラウドソーシングサイトで稼げる

 

二級建築士の仕事とクラウドソーシングサイトはあまり結びつかないイメージがありますが、実際には様々な案件が取引されているので十分な副業収入を得ることが出来ます。

 

・マイホームの間取り診断

 

・製図試験の図面添削

 

・学科試験の質問回答

 

二級建築士取得のアドバイス

 

・構造計算書の作成

 

・木造アパートの簡易ボリュームチェック

 

これらの依頼をクラウドソーシングサイトで受注することで、月に5万円以上のの収入を得ることも可能です。

 

資格は活用しなければ役に立たないので、二級建築士の資格を持っていてある程度副業に充てる時間を作ることが出来る人であれば、クラウドソーシングサイトで稼ぐという手段は非常に有効だと言えるでしょう。

 

二級建築士に資格や経験を活かしてブログやYouTubeで稼ぐ方法もあり

現代ではあらゆる情報をお金に変えることが出来ます。

 

特定のスキルや資格を持っている人が発信する情報であれば特に高い需要があるものです。

 

二級建築士の資格を活かしてブログを作成したり、YouTubeチャンネルを立ち上げたりすることで、広告収入を得るという選択肢も良い副業になり得るでしょう。

 

漠然と情報を公開するだけではなかなか収益化は難しいですが、「二級建築士合格までの道のり」「二級建築士の実務」のようにジャンルを絞った運営をすることが出来れば、大きな金額は無理でも安定した収益を狙うことが出来るはずです。

 

まとめ

今回は、二級建築士の資格を活かして副業収入を得る方法について解説してきました。

 

・副業収入を得ることができれば生活の安定度が高まる

 

二級建築士の資格を持っていればクラウドソーシングサイトで副業収入を得ることが出来る

 

・ブログやYouTubeで情報を発信して広告収入を得る方法もあり

 

もしも二級建築士の資格を持っているにもかかわらず違う業務をしていたり、収入的に満足できていない場合は、ぜひ資格を活かした副業収入を狙ってみてはいかがでしょうか?