二級建築士が重宝される理由と併せて取得したい建築関連の資格

f:id:akitani0828:20210702165811j:plain

二級建築士の国家資格を取得することで、鉄筋コンクリート造や鉄骨造、木造といった一般的な建築物を設計することが可能で、主に建築業界で重宝される資格として有名です。

もちろん、学校や病院、映画館、百貨店、スタジアムといった大規模な建築物の設計に携わることはできませんが、一般住宅を取り扱うハウスメーカー工務店設計事務所などへの就職や転職に有利な資格であることは間違いありません。

資格を取得するための試験は年に一度しかない上に、その難易度も非悪的高いため容易に取得できる資格ではありませんが、更に他の建築関連の資格を取得することで仕事の幅を大きく広げることが可能となります。

この記事では、そんな「二級建築士が重宝される理由と併せて取得したい建築関連の資格」について解説していきたいと思います。

二級建築士が建築業界で重宝される理由

二級建築士が建築業界で重宝される理由としては、以下のようなことが挙げられます。

・建築業界全体が人手不足であり、建築士の有効求人倍率も高い

少子化の影響もあり特に若年層の建築家が少ない

・かつての建築ラッシュの影響により、住居の建て替えが急増している

建物解体に関しても建築士の資格が活きる


このように、二級建築士の資格を持っていることで就職先に困ることが少なくなるというメリットを得ることが出来ます。

特にこれからは「空き家問題」が表面化していくことが予想されているので、社会問題の解決に貢献できるという大きなメリットもあるのです。


二級建築士と併せて取得したい資格

前記したように、二級建築士という国家資格だけでも建築業界ではある程度重宝されますが、特におすすめなのが「ダブルライセンス(2つの建築関係資格の取得)」です。

建築士以外の住宅関連資格を取得しておくと、仕事の幅を広げることができますし、クライアントへの提案なども説得力が増します。

併せて取得するのにおすすめの資格は以下のような資格が挙げられます。


・インテリアコーディネーター

「インテリアコーディネーター」とは、クライアントからの要望をヒアリングしながら建物内の照明や壁紙、家具といったインテリアに関する提案を行える資格です。

インテリアコーディネーターと二級建築士の資格を持っていると、クライアントに対して「住宅のトータルコーディネート」の提案が可能になります。

どんな業種でもそうですが、「そこはちょっと専門外なのでわかりませんね」と答えられると聞く側としては残念な気分になるものです。

特に住宅関連の場合は、一生に一度しか経験しないという人が多いため、慎重に様々な意見を聞いたり質問をしたいという心理になるでしょう。

この2つの資格を両

 


方持っていることで、住宅に関して答えられる範囲が非常に広くなり、満足度の高い仕事ができるようになるのです。


福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーター」とは、高齢者や障害者に対して快適な暮らしを実現するための住環境の提案ができる資格です。

高齢化社会となりつつある現代の日本では、バリアフリー住宅を求める人が非常に増えてきており、住宅改修のアドバイスはもちろん福祉用具や介助用具選定のアドバイスなども可能となります。

福祉住環境コーディネーターは、1級から3級まであるのですが、実際の業務に活かすためには2級以上の資格取得が理想となります。

今後日本の高齢化は更に進んでいくことが予想されますので、二級建築士の資格と併せて福祉住環境コーディネーターの資格を持っていればかなり重宝される人材になることが出来るでしょう。

まとめ

今回は、二級建築士が重宝される理由と併せて取得したい建築関連の資格について解説してきました。

・建築業界全体が人手不足であり、建築士の有効求人倍率も高い

少子化の影響もあり特に若年層の建築家が少ない

・かつての建築ラッシュの影響により、住居の建て替えが急増している

建物解体に関しても建築士の資格が活きる

二級建築士が重宝されるのは、このようなことが理由となっています。

また、「インテリアコーディネーター」「福祉住環境コーディネーター」を併せて取得することで、更に重宝される人材になることも可能なのです。

二級建築士を目指している人やすでに持っている人は、ぜひこの2つの資格のどちらかでも取得してダブルライセンスを実現してみてはいかがでしょうか?